イギリスのエネルギー事情と政策方針

イギリスのエネルギー事情・政策について情報をまとめています。イギリスはどの国より早く産業革命を達成し、人類のエネルギー利用の歴史において、最も大きな変化と変動、いわゆる「エネルギー革命」をもたらしました。

 

 

イギリスのエネルギー資源

石炭

イギリスは鉱物資源の中でもとりわけ石炭の埋蔵量が突出しており、18世紀には産業革命最大の原動力となりました。このような歴史からイギリスは石炭産業でどの国よりも先を言っているといえます。石炭の埋蔵地としてはイングランド中部のブラック・カントリーが有名です。

 

石油

北海油田の開発により、多くを自国で賄えるようになっています。その反面油田の枯渇や環境汚染という問題にも直面し、政策転換の必要にも迫られています。石油業を牽引するイギリス企業としてブリティッシュ・ペトロリアムが有名です。

 

天然ガス

イギリスにおいて天然ガスは最重要エネルギー資源になっており、世界で第四位のシェアを占めています。

 

原発

イギリスは経済力を下支えする切り札として原子力発電の建設に前向きで、中国からの技術協力と投資を積極的に受け入れています。

 

再生可能エネルギー

環境問題にも関心の高いイギリスは、再生可能エネルギーの開発にも前向きです。2021年10月にはボリス・ジョンソン首相が「2035年までに全電力を再生可能エネルギーでまかなう」と目標を打ち立てています。