ヨーロッパの科学発展史|欧州が世界最前線になった理由

ヨーロッパの科学発展史|欧州が世界最前線になった理由

ヨーロッパの科学発展史|欧州が世界最前線になった理由

ヨーロッパにおける「科学」というと、中世の時代まで錬金術や占星術のような超自然的な概念でした。しかし近世のルネサンス、宗教改革などが契機となり、人々は超自然的なものに疑問を抱くようになり、今度は論理や合理性といったものに価値を見出すようになりました。ここからヨーロッパにおける自然科学の研究は急速に進んでいきました。

 

ヨーロッパの科学発展の背景

16世紀にもなると、ヨーロッパ列強は大西洋を渡りアメリカやアジアにまで覇権を広げるようになりました。大航海時代の始まりです。ヨーロッパは地表の84%もの領域を征服し、支配域から膨大な量の科学的知見を得ることが出来ました。
またヨーロッパは税収の大半を武力につぎ込み、当時世界の覇権を握っていたアジア勢力を、次々と戦争で打ち負かしました。戦争の中で補給手法、造船技術、加工技術など様々な技術のイノベーションが起きました。

トップへ戻る