ヨーロッパのタバコ事情|路上喫煙が当たり前!?

ヨーロッパというと、環境問題に対する意識が高く、タバコなんかのマナーはかなり行き届いていそうなイメージがありますよね。しかしヨーロッパでもタバコのポイ捨ては少なくありません。

 

ヨーロッパでは路上喫煙が合法?

街には多数灰皿もゴミ箱も設置されているのですが、それでもそこら中に吸い殻が捨てられています。路上喫煙を禁ずる条例もなく、分煙に対する意識も低いので、普通に駅のホームやバスの停留所で吸っていたりします。(路上喫煙を条例違反に設定しているのは日本くらいだったりします)しかしお祭りやサッカーの試合など混雑した場所でも、見境いなくタバコ吸っている人がいるので、ひやっとする瞬間が多いです。

 

ヨーロッパで屋外喫煙が多い理由

分煙があまり進んでいない理由としては、ヨーロッパではレストランやカフェ、ホテルといった屋内の公共空間での喫煙は、法律で原則禁止されているからです。喫煙コーナーを設けているところも少ないです。だから吸いたくなったらとりあえず外で吸うしかないという状況になっています。屋内全面禁煙のしわ寄せが出ている状態といえます。

トップへ戻る