ヨーロッパ内の国境移動を自由化する条約とは?|パスポートいらず

ヨーロッパ内の国境移動を自由化する条約とは?|パスポートいらず

ヨーロッパ内の国境移動を自由化する条約とは?|パスポートいらず

ヨーロッパという地域は大部分が陸続きで、数十の国家がそこで並存しています。国家間の人や物の移動は、海に隔てられた日本のような島国よりはるかに頻繁です。そこで多くの人が「入国審査とかどうするの?」という疑問を抱くと思います。ヨーロッパでも国境を越える度に必要なのでしょうか。

 

 

ヨーロッパ国家間は自由に移動可能?!

確かに通常、国家間の国境を越えるには出入国検査が必要です。しかしこと国境越えを頻繁にする必要があるヨーロッパには、「シェンゲン協定」という、その手間を省くことができる条約が存在するのです。

 

シェンゲン協定の内容とは

シェンゲン協定に加盟している国同士の往来に関しては、この検査が免除される、という条約です。シェンゲン圏内は同国扱いとなり、日本人が県から県に渡るのにいちいち許可がいらないように、国から国へ自由に行き来ができるようになっているのです。国境に国旗や国名碑が建っているくらいで加盟国の人間なら本当に自由に行き来できます。

 

シェンゲン協定の加盟国

東ヨーロッパには未加盟の国が多いですが、ヨーロッパ諸国のおよそ半数の26カ国はシェンゲン協定に加盟しています。4億の人口を擁する協定加盟国で成る領域をシェンゲン圏といいます。

 

0_map_syenngennkenn.png

 

シェンゲン協定加盟国一覧
オーストリア/ベルギー/チェコ/デンマーク/エストニア/フィンランド/フランス/ドイツ/ギリシア/ハンガリー/アイスランド/イタリア/ラトビア/ リヒテンシュタイン/リトアニア/ルクセンブルグ/マルタ/ オランダ/ノルウェー/ポーランド/ポルトガル/スロバキア/スロベニア/スペイン/スウェーデン/スイス

 

国境線だらけの街で活きるシェンゲン協定

ヨーロッパ国境は山や川で区切られていることが多いですが、オランダの北ブラバント州の町バールレ=ナッサウのように街中が隣国ベルギーとの国境線だらけになっているようなところもあります。しかしオランダとベルギーはシェンゲン協定の加盟国ですので、この協定のおかげでうっかり国境を踏み越えて密入国扱い!なんて問題は起きないようになっています。

 

ヨーロッパ内の国境移動を自由化する条約とは?|パスポートいらず

バールレ=ナッサウのベルギー・オランダの国境線を示す印

 

トップへ戻る