ヨーロッパにおけるユダヤ教事情|ユダヤ人が多い国は?

ヨーロッパのユダヤ教事情|ユダヤ人が多い国は?

ヨーロッパにおけるユダヤ教事情|ユダヤ人人口が多い国は?

ヨーロッパで多いのはキリスト教とイスラム教であり、ユダヤ教は全体からすれば数%程度です。しかし歴史の長さでいえば、その2つよりはるかに長く、特別存在感のある少数派宗教ともいえます。

 

 

ヨーロッパでユダヤ人人口が多い国

ヨーロッパでユダヤ人が多い国としては、フランス(478,000人)、イギリス(375,000人)、ロシア(190,000人)、ドイツ(118,000人)などが挙げられます。いずれの国でも全体の数パーセントを占めるにすぎない少数派宗教ですが、かつてヨーロッパにはユダヤ総人口の6割にもおよぶ約950万人のユダヤ人が(主に東欧に)暮らしていました。かつてのヨーロッパはユダヤ文化が最も栄えていた場所でした。

 

ヨーロッパにおけるユダヤ人の歴史

フランス革命とユダヤ人

フランスにユダヤ人が多いのは、フランスが、フランス革命により、他のどの地域より早くユダヤ人に平等の権利が与えられた場所だからです。世界ユダヤ教連盟がフランスにて誕生し、世界のユダヤ人たちの支援に乗り出した、という歴史的経緯があります。この活動により、中世以降キリスト教徒からの差別や迫害に苦しんでいたユダヤ人は徐々に解放されていったのです。

 

ナチスの台頭とユダヤ人

ヨーロッパにおいて、ユダヤの規模が大幅に縮小したのは、ナチスの台頭が原因です。1933年、反ユダヤを掲げるナチスが政権を握り、第二次世界大戦の勃発でヨーロッパ全域がナチスドイツに占領され、ヨーロッパに住む510万〜650万人のユダヤ人が殺されてしまったのです。

トップへ戻る