日本が「黄金の国ジパング」と呼ばれたのはなぜ?

かつてヨーロッパの人々から、日本は「ジパング」と呼ばれていました。これは中国の東に位置することに由来しています。jih(日)+pun(本)という語が合わさることで出来ており、太陽が昇る方向であるため「ジーベン」と発音され、これが「Zipangu(ジパング)」と呼ばれるようになりました。つまり日本国を中国語で発音した音が語源とされているのです。

 

 

マルコポーロの『東方見聞録』で使用された

マルコポーロが華南の知事として赴任した際、日本の黄金伝説について、彼のアジア旅行記『東方見聞録』で紹介した時に使われたといいます。東方見聞録には、ジパングは莫大な黄金を抱え、宮殿や民家は黄金で出来ていると描かれています。

 

黄金の国は想像?

日本は、鉱物資源がさほど多い国ではなく、ましてや金が大量に眠っているなんてことはないので、史実性には懐疑があります。マルコポーロは実際日本に来て黄金を見たわけではなく、中国の人から奥州の金産地のことや、中尊寺金色堂について聞いたことを誇張したものといわれています。

 

ジパングの語感の転換

ジパングの語感が変化していき、イタリア語では「ジャポネ」と、英語では「ジャパン」と呼ばれるようになりました。またニッポン、ニホンという日本語読みも、中国との相対的位置関係からきたこのジパングに由来しています。のちに聖徳太子が「日出処」という新しい概念を上書きし、「日本」が使用されるようになったのです。

 

トップへ戻る