東ヨーロッパ平原の特徴|場所、属する国、流れる川など

東ヨーロッパ平原の特徴|場所、属する国、流れる川など

東ヨーロッパ平原の特徴|場所、属する国、流れる川など

東ヨーロッパ平原はヨーロッパ東部に広がる平原地帯です。ロシア領域内に平原の大部分が入るのでロシア平原ともいいます。

 

 

東ヨーロッパ平原の場所

0_map_europe_plain_east-europe-plain.png

<東ヨーロッパ平原のおおよその領域>

東ヨーロッパ平原の周辺
・北:白海、バレンツ海
・東:ウラル山脈、ウラル川、カスピ海
・南:カフカス山脈、黒海
・西:カルパティア山脈、ポーランド丘陵地帯(北ヨーロッパ平野へと続く)
・西北:バルト楯状地

 

東ヨーロッパ平原内の国家
ロシア、エストニア、ラトビア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドバ、カザフスタン

 

東ヨーロッパ平原の構造

東ヨーロッパ平原は、ヴォルガ川やドニエプル川などの大河で成る、盆地の連続で構成されています。山のない地域としてはヨーロッパ最大で、西方の北ヨーロッパ平野と合わせヨーロッパ平原を形成しています。北部は全体的には起伏の少ない氷河堆積物で覆われており、南部は肥沃な黒土地帯となっています。

 

東ヨーロッパ平原の面積・標高

東ヨーロッパ平原は、約400万平方キロメートルの広さ、標高平均は170メートルです。最も高い地点はヴァルダイ丘陵の標高350メートルほどの場所になります。

 

東ヨーロッパ平原を流れる川

ヴォルガ川、ドナウ川、ウラル川、ドニエプル川、ドン川(ロシア)、ペチョラ川、カマ川、ベラヤ川、ダウガヴァ川、ネマン川、プレゴリャ川

 

トップへ戻る