フランスの行政区分

フランスの行政区分

フランスの行政区分は、大きく分けると、地域圏(レジオン)、県(デパルトマン)、市町村(コミューン)という3つの階層で構成されます。各階層の特徴と数は以下の通りです。なお【】内の数字は、海外領土の地域圏/県/コミューンも合わせた数となっています。

 

このページの内容

 

地域圏【18】

内約:ヨーロッパ13 海外 5

 

フランスにおける最も大きな行政区分で、いわゆる州とか地方にあたります。全部で18の地域圏があり、各地域圏には中心となる首府が置かれています。本土の地域圏はもとは22ありましたが、2016年に再編されて13になりました。

地域圏一覧(※は海外地域圏)
グラン・テスト、ヌーヴェル=アキテーヌ、オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ、ブルゴーニュ=フランシュ=コンテ、ブルターニュ、サントル=ヴァル・ド・ロワール、イル=ド=フランス、オクシタニー、オー=ド=フランス、ノルマンディー、ペイ・ド・ラ・ロワール、プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール、コルス地方公共団体、ギュイヤンヌ※、グアドループ※、マルティニーク※、マヨット※、レユニオン※

 

県【 101】

内約:ヨーロッパ96 海外5

 

県(デパルトマン)とは、地域圏の下位にあたる階層です。フランス革命以後に設けられたもので、領土の拡大・縮小や人口変動に対応して増減してきた歴史があり、現在は全部で101に落ち着いています。地域圏の首府は県都も兼ねており、本土の首府は以下のとおりです。

首府および県都一覧
アジャクシオ、オルレアン、ストラスブール、ディジョン、トゥールーズ、ナント、パリ、ボルドー、マルセイユ、リヨン、リール、ルーアン、レンヌ

 

市町村【36,680】

内約:ヨーロッパ36,568 海外112

 

フランスにおける最小単位の基礎自治体です。日本の市町村にあたりますが、日本のように市・町・村で区別はなく、人口何十万の大都市も、数百人規模の小都市も同じコミューンに属します。行政は市長のもとで行なわれます。

 
ページの先頭へ戻る