ルネサンスが起こった原因とは?

ここでは、ルネサンスが起こった原因と時代背景について簡単にまとめます。

 

 

十字軍遠征の失敗とパトロンの土壌

2世紀以降のヨーロッパでは、ローマ帝国の版図の拡大に伴って、政府と深く癒着した教会が絶大な権力を持つようになりました。

 

教会が自分たちの権利を保つために宗教的な信条を利用したこともあり、個人の自由や権利や娯楽を楽しむ余地が失われ、教会を中心とした価値観が形成されてゆきました。

 

しかし、11世紀に始まった十字軍遠征が失敗に終わったことにより、教会の権威は大きく低下しました。

 

それまで教会や領主の管理下の生活しか知らなかった多くの民衆が、イスラム圏の生活と文化に触れて、教会中心の社会に疑問を抱くようになりました。

 

また、おもに十字軍に必要な物資を輸送することで莫大な富を築いたイタリアの富裕層は、有望な芸術家に経済的な支援をすることができるようになりました。

 

戦乱と「人間らしさ」探し

オスマン帝国の侵略などの戦乱の影響で、名のある学者や芸術家たちが多数イタリアに流入し、そこで教会を中心とした価値観から脱却するための研究が盛んになりました。

 

教会以前の時代の美術や文学や信条に回帰し、本当の人間らしさ、ヒューマニズムとはどういうことかについて考えようとする動きが生まれたのです。

 

イタリアでルネサンスが始まったころは、それらの活動家たちのパトロンに教皇自身や貴族たちも含まれていたため、教会や貴族制度に対する批判を表立って行うことは難しかったようです。

 

その後ヨーロッパ全土にルネサンスが広まっていくにつれ、教会そのものの見直しも始まり、宗教改革へとつながります。

 

このように、ルネサンスは14世紀になってとつぜん始まったものではなく、もっと早い段階から その原因となるものがいくつも積み上がって、起きたことだったのです。

 
ページの先頭へ戻る