レイキャビク(アイスランドの首都)の歴史
〜「環境保全都市」の発展史とは〜

アイスランドの首都はファクサ湾南東岸、アイスランド南西部のレイキャネス半島に位置するレイキャビク(Reykjavik)です。都市国土面積の数%に過ぎないこの都市に、全人口の2/3を占める約12万人が居住しています。ヨーロッパのみならず世界最北の首都であり、「北極圏」に接するため、冬はほとんど日照のない「極夜」、夏はほとんど日が沈まない「白夜」を観察することができます。

 

 

レイキャビクの地理

アイスランドは寒さの厳しい国ですが、火山活動が活発な国でもあり、レイキャビク市内のほぼ全域に、火山の地熱を利用した暖房システムが完備されています。極めてエコな再生可能エネルギーで、必要な消費電力の大部分をまかなっている「世界有数の環境保全都市」で、大都市でありながら空気が非常に澄んでいるのが特徴です。

 

「レイキャビク」の意味

「レイキャビク」という都市名は「蒸気の湧く入江」という意味です。レイキャビク最初の上陸者が、近郊の温泉から湯煙が上がる様子を見て、それを「炎の煙」と勘違いしたことから名付けられた呼称だと伝えられています。

 

レイキャビクの起源と発展史

レイキャビクは、874年のバイキングの首領アルトナルソンによる建設を起源とします。その後しばらくは「都市」といえるような体裁はありませんでしたが、1750年頃、「レイキャビクの父」として知られるスクーリ・マグヌッソンが都市開発を開始し、1786年には市政施行となりました。

 

さらにしばらく経ち1904年アイスランドが自治を達成すると、同国の首都に指定。1944年に宗主国デンマークから分離し、「アイスランド共和国」として生まれ変わった後も、引き続き首都としての役割を引き継ぎました。

 

 
ページの先頭へ戻る