オスロ(ノルウェーの首都)の歴史
〜バイキングの拠点として発展〜

ノルウェーの首都は、同国南部、スカゲラク海峡のオスロ・フィヨルド湾に位置する都市オスロ(Oslo)です。ノーベル平和賞の授賞式の開催地で、都市南東部にあるオルムスン橋は、画家ムンクの不朽の名作「叫び」の舞台として知られます。

 

「オスロ」の語源

「オスロ」の語源については諸説ありますが、古ノルド語の「神の森」に由来するという説が有力とされています。

 

オスロの起源と発展史

オスロは、11世紀半ばにハロルド3世が建設した集落が起源で、ノルウェーバイキングの重要な拠点として繁栄。14世紀にノルウェーの首都となり、ハンザ同盟のもと、さらなる発展を遂げていきました。

 

17世紀の大火事で甚大な被害を被った後、デンマーク王クリスチャン4世による都市再興に際して、都市名が「クリスチャニア」に改称されていますが、ノルウェー人は「オスロ」という呼称を使い続け、1925年には法改正により「オスロ」という都市名が正式に復活しています。

 

 

近年のオスロは、人口増加により世界でも非常に物価の高い首都としても知られます。


 

 
ページの先頭へ戻る