ワルシャワ(ポーランドの首都)の歴史
〜音楽の街〜

ポーランドの首都は、同国中東部、ウィスワ川中流域に位置する都市ワルシャワ(Warszawa)です。面積520平方キロメートル、人口約170万人を擁するポーランド最大の都市となります。

 

「ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団」の本拠地であり、「ワルシャワの秋」現代音楽祭や、5年ごとにショパン国際ピアノコンクールが開催されるなど、世界有数の音楽都市としても知られます。

 

 

楽器に縁のゆかりのある静岡県浜松市と音楽友好都市協定を締結しています。


 

ワルシャワの起源と発展史

ワルシャワは、9世紀にマゾビア公に建設された都市が起源で、以来ポーランドの中心地として発展していきました。ポーランドは18世紀末のポーランド分割で滅亡してしまいますが、1918年にポーランド王国として復活し、その際ワルシャワも首都として復帰しています。

 

第二次世界大戦中はナチス・ドイツに占領され、市街が破壊され、多くのユダヤ人が犠牲になるなど、再び大きな痛手を負いますが、戦後、市民の手によって「レンガの割れひとつに至るまで」ワルシャワの「歴史的街並み」を再現することに成功し、見事復興を遂げています。

 

 
ページの先頭へ戻る