ゴールウェイの歴史

ゴールウェイ(Galway)は、アイルランド西部に位置する国内第4の都市で、古来よりヨーロッパ有数の港湾として栄え、同国の成長に大きく寄与してきました。

 

ゴールウェイの歴史

ゴールウェイの起源は12世紀、コノート王に築かれたコリヴ川河口の砦にあります。13世紀以降はイギリス人による統治を受けるようになり、14世紀にはヨーロッパ有数の港湾都市に成長、イギリス傘下の独立自治国として大いなる繁栄を享受しました。しかし16世紀以降、宗教改革が開始されると、苛烈な宗教弾圧を受けるようになり、17世紀にはクロムウェルの侵略により街は壊滅状態に陥ってしまいました。

 

産業革命による復興と衰退

イギリスでは18世紀から産業革命が開始されましたが、その影響はゴールウェイにも及び、都内各地に水車が造られ、水力を利用した産業が発展。低迷から立ち上がり、再度の繁栄を享受します。その後は飢饉や戦争による停滞を経験するも、20世紀末から21世紀にかけ急激な経済成長を遂げ、今なおアイルランド屈指の有力都市として国内経済を支える存在になっています。

 

 
ページの先頭へ戻る