リムリックの歴史

リムリック(Limerick)はアイルランド南西部に位置する、国内第3の都市です。アイルランドの王族オイフィジェンティ家の所領が起源とされ、9世紀以降はデーン人の、12世紀以降はノルマン人の交易拠点として栄えるようになりました。しかし17世紀に入ると、1642年カトリック教徒ギャレット・バリーによる包囲、1649年クロムウェルによるアイルランド侵略、1650年代ニューモデル軍による12ヶ月占拠、1689年ウィリアマイト戦争と、度重なる戦争の被害に見舞われ、都市は著しく衰退していきます。20世紀に入ってもアイルランド独立戦争アイルランド内戦で戦場となったことで都市は荒廃し、僅かな空港関連企業と衣料品工場を除いて産業がない最悪の経済状況に陥っています。1968年、政府が地域産業についての報告書を発表し、都市の改革を開始するまで、リムリックは苦渋の時代を過ごすことになりました。

 
ページの先頭へ戻る