アイスランド工業化の歴史〜豊かなエネルギー資源が背景に〜

かつてのアイスランドは、漁業・農業を主体とした第一次産業が支える国でしたが、近代になり第一次産業への依存脱却を図り、水産加工業を皮切りに、工業(第二次産業)にも力を入れ始めました。

 

アイスランドは安価な地熱発電や水力発電※が充実しているので、それを利用したアルミニウム精錬産業やフェロシリコン(鋼鉄の原料)生産がさかんです。精錬した商品のほとんどは輸出され、この国の輸出全体の大部分を占めています。

 

ハフナルフィヨルズゥルにあるリオ・ティント(Rio Tinto)アイスランド株式会社は、アルミニウムの世界的有力企業であるリオティントが所有する、アイスランドで最大の企業の1つです。

 

※アイスランドは自国の消費電力を、7割を水力発電、残り3割を地熱発電と、全てを再生可能エネルギーによりまかなっています。

 

 
ページの先頭へ戻る