ヨーロッパ×日本の関係史

ヨーロッパ×日本の関係史

日本とヨーロッパは地理的には非常に遠く、少なくとも中世までの「交流」といえば、大陸を介した間接的なものに過ぎませんでした。しかし近世以降、大航海時代(日本の戦国時代末〜江戸時代初期)が幕を開けると、その先駆者となったポルトガルとの交流が始まり、日本にもヨーロッパの文化が次々入ってくるようになりました。

 

南蛮貿易によりヨーロッパ文化が流入

1541年〜1543年日本にポルトがル人が渡来し、いわゆる「南蛮貿易」が始まりました。「ヨーロッパ」という日本語読みは、同時期伝わったポルトガル語のEuropa(エウロパ)が由来になっており、これがやがてエウロッパ→ヨーロッパと発音されるようになりました。明治時代になると、ヨーロッパの制度・習慣、武器・兵器などの導入が本格化し、「文明開化」が始まったのです。

 

日本の存在を初めてヨーロッパに知らしめたのは、マルコポーロ(1254年頃〜1324年)のアジア旅行記『東方見聞録』だと思われます。この東方見聞録によれば日本(ジパング)は、「莫大な黄金を抱え、宮殿や民家は黄金で出来ている」ことになっていますが、これはポーロが中国人から聞いた、奥州の金産地や中尊寺金色堂のことを、日本のことだと勘違いしたものだと考えられています。

 

日本の旧称「ジパング」とは

日本はかつて、ヨーロッパの人々から「ジパング」と呼ばれていましたが、これは日本が「中国の東」=「太陽が昇る方向」であることから「ジーベン」と呼ばれていたことに由来しています。「ジーベン」が変化して「jih(日)+pun(本)」→「Zipangu(ジパング)」と呼ばれるようになり、さらに語感が変化し、イタリア語では「ジャポネ」、英語では「ジャパン」と呼ばれるようになりました。

 

またニッポン、ニホンという日本語読みも、中国との相対的位置関係に由来する呼び名で、のちに聖徳太子が「日出処」という新しい概念を上書きし、「日本」という名称が使用されるようになったのです。

 

【ヨーロッパ×日本の関係史】に関する記事一覧

dummy
セルビアと日本の関係史

日本とセルビアの交流は明治時代にさかのぼります。1882年にセルビア国王ミラン1世が日本の明治天皇に書簡を出し、同年成立したセルビア王国の国王に即位したことを伝えたのです。そして明治天皇がこれに返書。新興国セルビアを国家として承認しています。この書簡のやり取りは日本で明治維新が起きて15年後のことだったので、日本もセルビアもお互いに近代国家としてスタートしたところでした。ユーゴスラビアと日本の関係...

Read More
dummy
デンマークと日本の関係史

デンマークと日本の関係は、1867年に日本デンマーク修好通商航海条約を結んだことに端を発します。その後、海運・貿易活動などを通じて、二国間の外交が築かれていきました。日本人の公式訪問日本人がデンマークに公式に訪問するのは、修好通商条約が結ばれてから6年後の1873年のことになります。右大臣岩倉具視を特命全権大使とする使節団がデンマークを訪れ、当時の国王であったクリスチャン9世に謁見しました。第二次...

Read More
dummy
ノルウェーと日本の関係史

ノルウェーは、オーロラやフィヨルドといった美しく壮観な「大自然」を体感できる国で、日本でも大ヒットした「アナと雪の女王」の舞台として知られるようになったことで、その存在が認知されるようになりました。しかし「日本との交流」という観点では、他のヨーロッパ諸国と比べ、注目されることは少ないように思えます。日本とノルウェーとの外交、文化交流がどのようにして始まったのでしょうか。日本とノルウェーの関係の始ま...

Read More
dummy
フィンランドと日本の関係史

時は江戸時代。大黒屋光太夫ら日本人がロシアに漂流した際、彼らを援助し、ロシア皇帝エカテリーナ2世に謁見させた人物、エーリク・ラクスマンはフィンランド人として知られています。また、彼らを率いて日本に送ったエーリクの息子アダム・ラクスマンは、フィンランド人初の訪日者となりました。フィンランド独立後の日本との関係かつてフィンランドは、スウェーデンの支配下に置かれていましたが、そのスウェーデンがロシアとの...

Read More
dummy
アイスランドと日本の関係史

ヨーロッパ諸国の中でも、ドイツやフランスなどと違い、アイスランドはあまり身近に感じないかもしれません。しかしアイスランドと日本は、漁業がさかん、地震が多い、火山が多いなど意外に共通点が多いのです。そんな共通点の多い両国の交流はどのようにして始まり、現在どのような関係にあるのでしょうか。交流の始まりアイスランドと日本の関係史を遡れば、経済関係という面では、1867年日本と修好通商条約を結んだところか...

Read More
dummy
スウェーデンと日本の関係史

世界的に有名な企業である「IKEA」や「H&M」を知っている方は多くいると思います。日本にも進出している企業なので街で見かけることもあると思います。これらの企業は「スウェーデン」出身の企業なんです。また、食べ物だとミートボールが有名だったり身近なところにスウェーデン出身のものがあったりします。今回は、そんなスウェーデンと日本の関係史をざっくりまとめています。スウェーデン人との出会い1647年に航海...

Read More
dummy
ドイツと日本の関係史

ヨーロッパ諸国の中では、ドイツと日本の関係史は長いほうで、江戸時代にはすでに、出島のオランダ商館でドイツ人医師が働いていました。そして江戸時代末期の1861年、当時のプロイセン王国と日普修好通商条約が結ばれたことで正式な日独交流が始まり、近代化を志向する日本にとって、ドイツの進んだ工業、法制、軍事、文化は模範的存在になりました。ドイツ帝国との外交明治維新から間もない1871年には、プロイセン王国を...

Read More
dummy
オランダと日本の関係史

学生服を意味する「学ラン」という言葉は、実は「オランダ」という国名に由来していることはご存じでしょうか。というのも、学ランのランは、蘭服(ランフク)のランから来ています。日本は、鎖国時代でもオランダとは唯一国交を結んでいたことから、江戸時代洋服全般のことを蘭服と呼んでいたんですね。それで「学生用の蘭服」ということで「学ラン」という言葉が生まれたのです。他にも調べて見ると、日本語には、ピストル、ペン...

Read More
dummy
スイスと日本の関係史

「スイス」と聞いたときにどんなイメージを持ちますか?世界的に有名な食べ物チーズフォンデュはスイスの郷土料理なんです。また、身近な例でいうとテレビなどのCMでも使われている「アルプスの少女ハイジ」はスイスを舞台に物語が描かれています。今回は、そんなスイスと日本の関係史をざっくりまとめています。日本とスイスの関係の始まり1853年にペリーが来航し、その後アメリカと日米修好通商条約を結びました。スイス政...

Read More
dummy
ギリシャと日本の関係史

日本とギリシャは地理的には遠く離れており、古代から近代にかけて直接的な接点はほとんどありませんでした。しかし両国とも国土を海に囲まれた海洋国家であることから、海を通じた交流が20世紀になってようやく開始されました。日本とギリシャの国交樹立日本とギリシャの外交関係の始まりは1899年6月のことです。日本の特命全権大使アテネに覇権され、修好通商航海条約が結ばれたのです。この条約が結ばれてから100年に...

Read More
dummy
イタリアと日本の関係

イタリア料理は日本で最もポピュラーの外国料理の1つといえます。その他映画、音楽、ファッションなどあらゆる分野で、イタリアに親しみを感じている日本人は多いのではないでしょうか。しかし日本とイタリア、地理的には遠く離れているため、「日伊関係」といったもピンと来ない人も多いと思います。しかし日本人とイタリア人の交流は今から400年以上前の中世の時代にはすでに始まっていました。鎌倉時代鎌倉時代にはまだイタ...

Read More
ページの先頭へ戻る