ヨーロッパの語源

「ヨーロッパ」の語源〜由来は古代ギリシャ神話の王女〜

ヨーロッパ(漢語では欧羅巴、中国語では歐洲と表記)の語源は、古代ギリシャ神話に登場するフェニキアの王女エウローペー(ラテン語:Europa)にあるという説が最も有力です。古代ギリシャ神話のゼウスは花を摘んでいるエウロパを見て一目惚れ。白い雄牛に変身し、エウローペーをクレタ島へ連れ去ってしまいます。そして子供をこさえ、その子がクレタ王となってヨーロッパ最初の文明「ミノア文明(クレタ文明)」を築いたと伝えられています。
日本語での「ヨーロッパ」は、戦国時代末〜江戸時代初期に伝わったポルトガル語のEuropa(エウロパ)が「えうろつは」と表記され、エウロッパと発音されるようになったことに由来しています。

 

ちなみに木星の第二衛生は「エウロパ」と呼ばれていますが、この呼称もフェニキアの王女エウローペーにちなんでいます。エウロパは分厚い氷に覆われた惑星で、氷下の大海に生命が存在する可能性が指摘され、近年注目を集めています。

 
ページの先頭へ戻る