第一次世界大戦

dummy
フランスからみた第一次世界大戦

第一次世界大戦は、オーストリア皇太子が暗殺されたサラエボ事件がきっかけとし、ヨーロッパが主戦場となり、世界中を巻き込んだ史上初にして最大規模の国際戦です。陣営は三国協商(イギリス・フランス・ロシア帝国)を中心とした連合国と、ドイツとオーストリア=ハンガリーを中心とした同盟国に分かれました。戦争は1914年から1918年までの4年間におよび、全世界で1500万人以上の死者が出ました。フランスも最終的...

Read More
dummy
イギリスからみた第一次世界大戦

第一次世界大戦は、1914年から1919年まで続いた、当時の主要な強国ほとんどをまきこんだ国際戦です。はじめはヨーロッパに限定した戦いでしたが、同盟関係と各国の政治的思惑から対立が連鎖し、アフリカ、アジアと世界規模に戦線拡大していきました。戦闘機、潜水艦、戦車、毒ガスなどあらゆる新しい兵器が投入され、世界規模で展開された人類史上初の総力戦です。この戦いは帝国主義列強の対立を象徴しており、その筆頭で...

Read More
dummy
イタリアからみた第一次世界大戦

第一次世界大戦は、1914年6月から1918年11月までの4年余りにわたって続いた世界的規模の戦争です。三国同盟(ドイツ・オーストリア・イタリア・ブルガリア等)と三国協商(イギリス・フランス・ロシア・日本等)ら、帝国主義列強の対立から起こり、ヨーロッパを舞台としたことから「欧州大戦(War in Europe)」とも呼ばれます。オーストリアにおけるサラエボ事件が引き金となり、当事国が次々軍事同盟を...

Read More
ページの先頭へ戻る