第二次世界大戦

dummy
アイルランドからみた第二次世界大戦〜中立政策がとった理由〜

アイルランドは、1939年から1945年にわたって続いた第二次世界大戦中、中立政策をとっていました。数万人の義勇兵は大戦に参加したものの、国家としては、連合国軍・枢軸国双方から、参戦の圧力を受けても中立の立場を貫き通し、どの国にも基地の提供をしませんでした。アイルランドはなぜ、ここまで中立にこだわったのでしょうか。その理由を解説していきたいと思います。中立政策をとった理由国民感情の問題アイルランド...

Read More
dummy
フランスからみた第二次世界大戦〜弱いからドイツに負けたの?〜

1939年、ナチス・ドイツがポーランドに侵攻すると、フランスはイギリスに呼応し、ドイツに宣戦布告。第二次世界大戦の火ぶたが切られました。しかし翌1940年にドイツ軍による侵攻を受け、北部を占領されてしまいました。フランスでは第三共和政が崩壊し、ドイツの傀儡とされるヴィシー政権が成立しました。1942年11月にフランス領北アフリカをドイツに奪われたことで、フランスは全領土をドイツに占領されてしまいま...

Read More
dummy
イギリスからみた第二次世界大戦〜大英帝国の終焉〜

第二次世界大戦は1939年から1945年まで続いた史上最大規模の国際戦です。主な戦闘がヨーロッパで行われた第一次大戦と異なり、第二次大戦は東アジア、東南アジア、南アジアでも戦線が開かれました。ここではそんな第二次大戦におけるイギリスの動きをみていきます。イギリスの参戦1939年9月1日ナチスドイツがポーランドに侵攻したのを受け、イギリスとフランスはドイツに宣戦布告を行いました。ここに第二次世界大戦...

Read More
dummy
イタリアからみた第二次世界大戦〜ファシズムによる支配〜

第二次世界大戦は、1939年9月から1945年8月にかけ、枢軸国(イタリア・ドイツ・日本など)と連合国(アメリカ・イギリス・フランス・ソ連・中国など)との間で行なわれた、全世界を舞台にした史上最大規模の戦争です。ナチスドイツによるポーランド侵攻(1939年9月)と、それを受けた英仏の対独宣戦から始まり、独ソ戦、太平洋戦争と戦線が一挙に拡大していきました。反ファシズム、帝国主義、民族自決など、色々な...

Read More
ページの先頭へ戻る