ヨーロッパに台風やハリケーンはない?

ヨーロッパに台風やハリケーンはない?

ヨーロッパに日本の台風やアメリカのハリケーンのような暴風雨は起こるのか?と心配する声がありますので欧州の風事情について簡単にお話しておきます。

 

ヨーロッパにおける台風やハリケーン

全くないということはありませんがヨーロッパで台風やハリケーンが発生することは希です。

 

地理的に台風やハリケーンを起こすほどの熱帯性低気圧が発生することがないからです。

 

ただたびたびあらゆる物を吹き飛ばすほどの暴風が発生し甚大な被害が出ることはあります。

 

<スポンサーリンク>

 

例として2008年3月にヨーロッパ中部でハリケーン級の暴風雨「エマ」が発生し13人が亡くなりましたし

 

最近だと2013年10月にはスカンディナヴィア半島やイギリスなど広い範囲で激しい暴風が起こり倒木が相次ぎました。

 

この暴風はデンマーク付近にある非常に発達した低気圧が原因となったそうです。

 

映像を見ると倒木どころか街の標識は折れ曲がり、自転車は吹き飛び、工事中の建物は半壊し、風の強さがありありと伝わってきました。

 

▼2013年デンマークを襲った暴風雨

<スポンサーリンク>
 

関連ページ

ヨーロッパが暖かいのは偏西風の影響
ヨーロッパの暖かい気候と偏西風の関係について解説していきます。
ヨーロッパでオーロラが見れる場所や時期
ヨーロッパ旅行の目当ての一つにオーロラをあげる人は多いですね。今回はヨーロッパでオーロラが見れる場所や時期を紹介しています。
ヨーロッパにふる赤色の雪の正体
ヨーロッパ(とくにパリで有名)では春先にほのかに赤い雪が降ることがあります。今回はこの赤い雪の正体、発生原因について紹介したいと思います。
ヨーロッパに地震が少ない理由は?
ヨーロッパは日本と違って地震の頻度が非常に少ないです。今回はその理由について解説したいと思います。
ヨーロッパの気候の特徴|東欧と西欧の違い
ヨーロッパの気候について解説しています。地域によって暖かさや雨量が異なります。旅行など検討されている方は服装の為にもあらかじめ特徴をつかんでおきましょう。
ヨーロッパ各地域における冬の気温
ヨーロッパと一括りにしても大きいですので、冬の寒さは東西南北地域によって異なります。よって理想の服装も地域によって変ってくるといえるでしょう。
地中海性気候の特徴
ヨーロッパ地中海沿岸における気候「地中海性気候」の特徴について解説しています。

HOME アジア