ヨーロッパの城の特徴・日本との違い

ヨーロッパの城の特徴・日本との違い

ヨーロッパのお城と日本のお城の違いをわかりやすく解説しています。

 

ヨーロッパのお城の特徴

ヨーロッパのお城というと観光名所になっているような優美で荘厳なお城を想像されるかもしれませんが、ああいったお城は篭城戦を想定していない「宮殿」のようなものです。

 

本来の意味のお城というのはあくまで防衛拠点として設けられた領域=城壁都市という意味になります。

 

つまりヨーロッパの城の多くは篭城戦を想定した作りになっており

 

巨大な城壁や塔がつくられ、大砲や銃による強力な火力に耐え、高い場所から攻撃もできるような、攻防一体の拠点になっていました。

 

ヨーロッパのお城の構造上の特徴については【ヨーロッパの城の構造】にて詳しく解説していますので、参考にしてください。

 

<スポンサーリンク>

 

日本のお城の特徴

日本での戦闘は野戦がメインで、城への砲火などは想定されておらず、ヨーロッパの城ほど頑強につくられていません。

 

物資の貯蔵や武士が一時的に篭城する目的では使われますが、積極的に篭城戦を展開するような場所ではありません。

 

日本で城塞都市が普及しなかった理由としては

 

城塞都市というのはあくまで異民族の侵入を防ぐ目的だったのに対し、

 

日本の戦争というのはあくまで日本国の覇権を巡る戦いであったこと。

 

日本には都市とよべるほど発展した地域がなかったこと※などが挙げられます。

 

城郭都市を築くには莫大な財力が必要である。

<スポンサーリンク>
 

関連ページ

ヨーロッパの住宅(民家)の特徴
ヨーロッパ(西洋)における住宅の特徴や日本との違いを紹介しています。やっぱり日常を過ごす家というと文化的なギャップを一番感じる部分ですよね。
ヨーロッパの城の構造
ヨーロッパの城の構造を紹介しています。ヨーロッパの城は主に以下のような要素で構成されています。
ヨーロッパの建築様式の特徴
ヨーロッパの建築様式としてロマネスク建築・ゴシック建築・ルネサンス建築・バロック建築などが知られています。今回はこれらの建築様式の特徴を簡単に紹介したいと思います。
ヨーロッパの窓の種類・特徴
ヨーロッパの窓の種類、特徴を紹介しています。日本の住宅の窓と比較してどのような違いがあるのでしょうか。
ヨーロッパの街並みの特徴|統一性の理由とは
ヨーロッパの街並みの特徴についてです。ヨーロッパの街並みは統一がとれていてとても美しいと感じますが、何故あのように統一的な景観が実現できるのでしょうか。
ヨーロッパの部屋の間取りの特徴
ヨーロッパの部屋の間取りについて日本の部屋と比べて特徴的な部分を紹介したいと思います。
ヨーロッパの部屋は何故暗い?
ヨーロッパのホテルで地図やガイドを見ようとして不便を感じた経験のある人は少なくないかと思います。ヨーロッパの部屋の照明は日本と比較して暗めですよね。

HOME アジア