ヨーロッパの城の構造的特徴

ヨーロッパの城の構造的特徴

ヨーロッパの城の構造的特徴

ヨーロッパの城の構造的特徴

ノイシュヴァンシュタイン城(ドイツ)

 

ヨーロッパにはまるで童話の世界から飛び出してきたような、美しく壮麗な歴史ある城がたくさんあります。なぜヨーロッパにはお城がたくさんあるのか考えたことはありますでしょうか?

 

城の役割とは

誰もがイメージする上に高くそびえ立つ城、というのは民間人が住むところではなく、為政者や軍の指揮官の住居であり、政治や情報の拠点でした。山地や河川沿いなど交通・軍事・通商上の重要な拠点に建設され、支配域を守る為の防衛線として機能しました。

 

敵の侵攻や攻撃を防ぐ為に土や石で固め頑強に作られており、食料、武器、資金の備蓄場所でもありました。古来より他民族との侵略戦争を繰り返してきたヨーロッパ人には、このような場所は常に欠かせない存在だったのです。多くの城があるのは、ある意味必然といえます。

 

 

城の構成要素

モット

城を構築する平地や丘陵地域の周辺の土を掘りだし、城を取り囲む堀(壕)を造り、掘り出した土で造られた人口の山を「モット」と呼びます。モットの上に後述するキープ(天守)を建設しました。キープの周りは柵で囲まれた為、このような様式をシェル・キープ(貝型天守)と呼びます。

 

ベイリー

モットを造る為に掘り出し形成された壕や柵、城壁で囲まれている城の区域のことです。食料や武器、資金を備蓄する為の施設、教会や住宅までも建てられることがありました。1つの城に対し、二重にベイリーが造られることも多く、その場合内側(内庭)と外側(外庭)で異なる機能・役割が与えられていました。

 

城の構造は築城形式により異なりますが、代表的な築城様式で、「モット」と「ベイリー」から成る築城形式をモット・アンド・ベイリー様式と呼びます。いくつかある築城形式のうち、最も簡易なものといえ、中世以降ノルマン王朝によりイギリスに伝播しました。

 

キープ

中世ヨーロッパの城の中心的役割を担う建造物のことです。モット・アンド・ベイリー様式の場合は、モットの上に建てられますが、人口の山は地盤が弱いので、あまり重くて大きなキープは建てられません。日本の城の天守との類似性から「天守」と訳されます。平時には城主の住まいとして機能していました。形状は初期はシンプルな四角形でしたが、時代が下るにつれ、円筒形型、四つ葉型、多角形型など多彩になっていきます。

 

城壁

城の周囲をぐるっと囲む防壁ことで「幕壁(カーテンウォール)」とも呼ばれています。12世紀後半になると、城壁に一定間隔で外側に突き出た塔(側防塔)が設けられるようになり、そこから壁に取り付く敵に攻撃したり、高い位置から監視を行なうなど様々なことが出来るようになり、城壁は軍事機能の中心となっていきました。

 

城門

城壁には内部に入るための城門があり、跳ね橋や落とし格子を使って開閉を行っていました。側防塔の中に門が組み込まれているか、門の脇を2基の塔が固めているか、どちらかの造りになっていました。キープの軍事的役割は城壁構築技術の発展に伴い薄れていきましたが、13世紀には城門とキープが一体となった「楼門(ゲートハウス)」と呼ばれる様式も登場しました。ゲートハウスは城壁の防衛機能に、キープの居住機能を併せ持つものでした。

 

その他城壁に供えられた設備一覧
  • 胸壁…城壁の塔や通路などで活動する兵を防御する為の壁面。
  • 狭間…城壁の内から外に開けられた穴で、ここから弓矢や鉄砲で攻撃した。
  • タレット…壁から張り出し上に向かって伸びている小さい塔。
  • 櫓(やぐら)…塔や城壁の頂上部に屋根をつけたもの。
  • 小堡(バービカン)…正規の門の外側に二重に設けられる半円形の城壁。
  • 居住塔…居住空間としてのみ使われる。
page top