ヨーロッパ建築様式の種類/各特徴/成立した順番【画像あり】

ヨーロッパ建築様式の種類/各特徴/成立した順番【画像あり】

ヨーロッパ建築様式の種類/各特徴/成立した順番

建築様式というのは、建築の表現上の同一性を一定の時代ごとに区分けしたものです。ヨーロッパの建築様式は、時代が下るにつれ、ロマネスク(10世紀末〜)、ゴシック(12世紀中頃〜)、ルネサンス(15世紀〜)、バロック(16世紀〜)、ロココ(18世紀〜)というように変化していきました。

 

今回はこれらの建築様式の特色を簡単に紹介したいと思います。ヨーロッパにある歴史的建築物を観察するときは、こういった様式の違いに着目してみたら面白い気がつきがあります。

 

 

ロマネスク建築(10世紀末〜)

ヨーロッパ建築様式の種類/各特徴/成立した順番【画像あり】

ピサ大聖堂

 

全体的に丸みを帯びて、どっしりしています。重厚な壁と小さな窓、半円アーチなどが特徴的です。構造上の問題であえて窓はあえて控えめにされており、全体的にあまり飾らないシンプルな外観をしています。ローマ時代の建築様式やビザンチン文化の影響も受けています。

 

ロマネスク建築の例:ピサ大聖堂(イタリア)

 

ゴシック建築(12世紀中頃〜)

ヨーロッパ建築様式の種類/各特徴/成立した順番【画像あり】

シャルトル大聖堂

 

ロマネスク建築の要素をさらに発展させた建築様式です。尖っていて垂直、高さと細さが誇張された尖塔アーチ状の造りになっています。高い柱、円形状の天井、垂直に長く大きなステンドガラスなどが構造上の特徴としてあげられます。

 

ゴシック建築の例:ケルン大聖堂(ドイツ)、ノートルダム大聖堂(フランス)、シャルトル大聖堂(フランス)

 

ルネサンス建築(15世紀〜)

ヨーロッパ建築様式の種類/各特徴/成立した順番【画像あり】

サンタ=マリア大聖堂

 

ルネサンス建築は花の都フィレンツェから各地に広まった建築様式です。平面的で整然としており、左右対称・均等なデザインが特徴です。円柱、アーチ、ドームといった古代ローマの要素が再生(ルネサンス)されており、外部に向けて秩序と威厳を強調する意味合いが込められています。

 

ルネサンス建築の例:サンタ=マリア大聖堂(イタリア)、サン=ピエトロ大聖堂(バチカン市国)

 

バロック建築(16世紀〜)

ヨーロッパ建築様式の種類/各特徴/成立した順番【画像あり】

ヴェルサイユ宮殿

 

外装にウネりやネジれが多様されており、均整がとれたルネサンス建築と対照的に不整形です。不整形なフォルムに合わせ曲線がかった窓が使われています。過剰なほど豪華壮麗な装飾・彫刻で、これまでのどの建築様式よりも高い建設費がかかりました。ちなみに「バロック」の語源はポルトガル語で歪んだ真珠を意味する「バローコ」に由来しているそうです。

 

バロック建築の例:ヴェルサイユ宮殿(フランス)

 

ロココ建築(18世紀〜)

ヨーロッパ建築様式の種類/各特徴/成立した順番【画像あり】

サンスーシ宮殿

 

バロックの豪華絢爛さは影を潜め、軽快で繊細優美な造りをしており、教会や宮殿などの屋内装飾、家具調度品の装飾に導入された様式です。室内装飾には、「ロカイユ」と呼ばれる浮彫装飾が施されています。この様式はひたすら壮麗なバロックに飽きていた建築家達に歓迎され、急速にヨーロッパ各地に広まっていきました。

 

ロココ建築の例:サンスーシ宮殿(ドイツ)

page top