地中海性気候の特徴

地中海性気候の特徴

ヨーロッパ地中海沿岸における気候「地中海性気候」の特徴について解説しています。

 

地中海性気候の特徴

地中海沿岸にはイタリア、スペイン、南フランス、ギリシャなどの国があり、これらの国は地中海性気候の影響を受けることになります。地中海性気候の特徴として以下のような点が挙げられます。

 

  • 夏には雨量が少なくなり、冬には暖流から水分を供給された偏西風の影響で多くなる。
  • 夏は亜熱帯高圧帯に入るため日差しが強く乾燥する。
  • 石灰岩の風化によりできたテラロッサが広く分布する土壌
  • 乾燥に強いブドウやオレンジなどの果物・柑橘類栽培がさかん
  • 温暖なためリゾート地としても発展しており、夏には海水浴や日焼けを目的とした観光客が集まってくる。

 

ちなみに地中海性気候はヨーロッパ地中海沿岸の他にはオーストラリアのパース近郊、チリ中央部などで見られます。

 

<スポンサーリンク>

 

イタリアの地中海性気候の特徴

またイタリアの大部分は地中海性気候に属していますが、地域によって特徴が異なります。

 

北部は非常に雨が多い地域なので農業が発達しており「イタリアの食料庫」と呼ばれています。

 

それとは対照的に東部は雨が少なく乾燥しているので農業には不向きなので牧羊が行われています。

 

またイタリア半島西南の地中海に位置するシチリア島では、夏の乾燥を活かして大規模なオリーブ栽培が行われています。また柑橘類の栽培もさかんで、イタリア全体の70%の生産量になっています。

<スポンサーリンク>
 

関連ページ

ヨーロッパが暖かいのは偏西風の影響
ヨーロッパの暖かい気候と偏西風の関係について解説していきます。
ヨーロッパでオーロラが見れる場所や時期
ヨーロッパ旅行の目当ての一つにオーロラをあげる人は多いですね。今回はヨーロッパでオーロラが見れる場所や時期を紹介しています。
ヨーロッパにふる赤色の雪の正体
ヨーロッパ(とくにパリで有名)では春先にほのかに赤い雪が降ることがあります。今回はこの赤い雪の正体、発生原因について紹介したいと思います。
ヨーロッパに台風やハリケーンはない?
ヨーロッパに日本の台風やアメリカのハリケーンのような暴風雨は起こるのか?と心配する声がありますので欧州の風事情について簡単にお話しておきます。
ヨーロッパに地震が少ない理由は?
ヨーロッパは日本と違って地震の頻度が非常に少ないです。今回はその理由について解説したいと思います。
ヨーロッパの気候の特徴|東欧と西欧の違い
ヨーロッパの気候について解説しています。地域によって暖かさや雨量が異なります。旅行など検討されている方は服装の為にもあらかじめ特徴をつかんでおきましょう。
ヨーロッパ各地域における冬の気温
ヨーロッパと一括りにしても大きいですので、冬の寒さは東西南北地域によって異なります。よって理想の服装も地域によって変ってくるといえるでしょう。

HOME アジア