ヨーロッパの生活・文化

ヨーロッパの生活・文化

ヨーロッパでの生活や伝統

クリスマスとはイエス・キリストの生誕祭。ヨーロッパの宗教の種類や割合【キリスト教が多い理由】でお話した通り、キリスト教徒が全体の7割を占めるヨーロッパではたくさんの人々が家族親戚でクリスマスを盛大に祝います。また盛り上がるだけでなく、面白いのは国ごとに祝い方、過ごし方は微妙に異なるということです。それぞれの傾向を紹介していきましょう。イギリスイギリス流のクリスマスはアメリカや日本でも受け継がれてい...

ヨーロッパでのお祭りは熱いもの、華やかなもの、笑えるものなど様々なので、うまいこと観光の日程に組み込めたら、一生の思い出になると思います。今回はヨーロッパで開催される有名なお祭りを紹介します。ラ・トマティーナ(スペイン)日本でも毎年ニュースになるスペインの有名なお祭りです。8月の最終水曜日に行われる収穫祭で、町中の人が集まり、互いに熟したトマトをぶつけ合います。スペインの人だけでなく世界中から人が...

ヨーロッパの人々のファッション(服装)の特徴について聞かれることが多いです。「ヨーロッパ風ファッション」なんて言葉もたまに聞きますよね。ヨーロッパ風とざっくり言っても、国によって細かな傾向は異なるのですが、確かにヨーロッパ風だなーとざっくり感じる印象というのはあります。ヨーロッパの人々のファッションの特徴重ね着をしない日本人は寒い寒くないにかかわらずカーディガンやジャケットを羽織る重ね着ファッショ...

日本人にとってはアニメといえば、日本製のアニメか、アメリカ製のディズニーアニメくらいしか馴染みがないかもしれません。ですが日本で放映されないだけでヨーロッパ各国でも自国製のアニメーションは制作されています。今回はヨーロッパのアニメ事情について解説します。ヨーロッパではアニメ製作が盛んな国ヨーロッパにおいてはイギリスやフランスでアニメの制作が盛んで、国産の長編アニメがたびたびアカデミー賞にノミネート...

ヨーロッパに旅行に行って最初に日本との違いに驚かされるのがトイレ事情です。まず日本には街中に無料の公衆トイレがありますが、ヨーロッパにはほとんど設置されていません。移動中急にトイレが近くなっても、そこらで見つけて済ますといったことができません。だから要所要所で行けるときに行っておくことが大事です。どうしても我慢出来ないときはカフェのトイレを貸してもらいましょう。しかしトイレのためだけに利用するとい...

日本にないヨーロッパの慣習として「チップ文化」が挙げられます。チップというのはホテルやレストランなどのサービス利用のときに、規定料金とは別で払う「感謝の印」としての現金のことです。チップ文化が根強い国ではもともとの規定料金が安く設定されているので、チップが労働者の重要な飯の種となっているのです。ヨーロッパに根強いチップ文化チップ文化は世界中にあるものですが、ヨーロッパでは特に馴染み深い慣習となって...

ヨーロッパではスポーツが盛んです。様々な競技で「強豪国」とされる国にヨーロッパ諸国の名前が挙がります。ヨーロッパ人がスポーツに強い理由は何なのか、ヨーロッパで人気の競技にはどういった傾向があるのかなどについて考えてみたいと思います。ヨーロッパが強い理由まずヨーロッパではあらゆるスポーツにプロリーグが設けられ、選手の育成システムが整っているというのが大きいでしょう。最近は優秀な帰化選手を切り札として...

サッカーは世界的に人気なスポーツですが、ヨーロッパでの人気・強さは頭一つ抜けています。ヨーロッパには実力・財力共に世界トップレベルのクラブチームが多数存在し、その成果あってヨーロッパにはワールドカップの優勝経験国が多いです。サッカーという競技への国民からの熱狂的な支持が、優秀な選手を次々輩出するクラブチームの存続に繋がっています。しかし何故ヨーロッパではそこまでサッカーが人気なのでしょうか。ヨーロ...

人生の一大イベント結婚式。宗教によって結婚式の様式は様々ですが、キリスト教が主流のヨーロッパでは、圧倒的に「キリスト教式結婚式」が多いです。キリスト教式の結婚式の特徴キリスト教式の結婚式は、教会堂(もしくは教会堂風の施設)で挙式が行なわれ、新郎がスーツ、新婦がウェディングドレスを着用し、式中に賛美歌(聖歌)、聖書の朗読、誓いの言葉、指輪の交換などが行なわれるといった特徴を持ちます。また同じキリスト...

中世ヨーロッパを舞台にした戦記物、あるいはヨーロッパ風の世界観を採用したバトルファンタジーものなどは日本で人気のジャンルの1つなので、↑こんな感じの鎧は目に馴染みあるのではないでしょうか。中世ヨーロッパで広く使われていたこのような鎧は「プレートアーマー」と呼ばれ、全身が金属板で覆われ、戦闘における防御力を高める目的で使われていました。古代ギリシアや古代ローマに起源を持ち、ヨーロッパ広くに浸透してい...

ヨーロッパで有名な名家(貴族)を紹介しています。これら名家はいずれもヨーロッパ各国の君主に就いたことがあり、ヨーロッパ全体の歴史にも大きな影響を及ぼしてきました。ブルボン家(フランス)ヨーロッパ最大の宗主権を持っていた家系です。かつてのフランス王家であり、現在はスペイン王家として継続しています。1589年に誕生したブルボン朝は、フランス革命によりルイ16世が処刑される1792年まで続き、フランス絶...

ヨーロッパ各国の国章の意味を紹介しています。ヨーロッパの国々が定める国章は実に多様ですが、それぞれどのような意味が込められているのでしょうか。今回はその一部を紹介します。イギリスの国章イギリスの国章はライオンと鎖に繋がれたユニコーンが盾を支えているデザインになっています。ライオンはイングランドを象徴し、ユニコーンはスコットランドを象徴しています。ユニコーンが鎖に繋がれているのはイギリスにおいては古...

ヨーロッパ(西洋)の国章(紋章)は国によって実に様々ですが、多くの紋章に共通しているのは、ライオンやワシ、牛や犬、など様々な動物が紋章の中に描かれているということです。ヨーロッパ54カ国中、35カ国は、動物をデザインの一要素にしていますが、これらの動物にはどのような意味が込められているのでしょうか。国章に動物を描いている国(ヨーロッパ)一覧国…描かれている動物アイスランド…ワシアルバニア…ワシアル...

西洋美術(主に約3万年前の原始美術から20世紀までのヨーロッパや中東で形成された美術文化)に興味があれば、是非ヨーロッパ諸国にある美術館に足を運んでみることをおすすめします。今回はヨーロッパにある美術館の中でも、特に展示数や来場者数の多い美術館を紹介します。美術史美術館(オーストリア・ウィーン)美術の歴史が知りたい場合はまずここをおすすめします。美術史美術館はオーストリア/ウィーンにある美術館で、...

ヨーロッパというと、環境問題に対する意識が高く、タバコなんかのマナーはかなり行き届いていそうなイメージがありますよね。実はフランス、イタリア、ドイツ、オランダなどのヨーロッパ諸国は日本以上に歩きタバコ、タバコのポイ捨て多いです。街には多数灰皿もゴミ箱も設置されているのですが、それでもそこら中に吸い殻が捨てられています。路上喫煙が合法で、分煙に対する意識もあまりないので、普通に駅のホームやバスの停留...

ハロウィンの起源はヨーロッパにあります。元々は今のイギリスやフランス、アイルランドあたりに住んでいた「古代ケルト人」が行なっていた秋の収穫祭や悪魔払いの儀式であったと考えられています。お祭りというのは、そもそもこのような何らかn儀式を起源に持つものが多いのですが、ハロウィンも元々宗教的意味合いが強かったんですね。ヨーロッパではマイナーな祭り?ハロウィンは全体として、ヨーロッパではあまりメジャーなお...

サンタクロースとは、クリスマスイブに、良い子のもとへプレゼントを持って現われると伝えられる人物ですね。白髭、赤服、でっぷり体型のおじさんという姿は日本でも慣れ親しまれたものです。発祥はヨーロッパにあるので、ヨーロッパ各国にはサンタクロースに関する様々な言い伝えがあります。イギリスイギリスではサンタクロースのことを「ファザークリスマス」と呼びます。今でこそ赤服姿が定着していますが、昔は緑色の服を着た...

page top