南欧(南ヨーロッパ)の特徴とは?属する国・民族や言語・気候について

南欧(南ヨーロッパ)の特徴とは?属する国・民族や言語・気候について

南欧(南ヨーロッパ)についてまとめています。南欧に属する国やこの地域の民族・特徴・気候について気になる方は参考にしてください。

 

南欧(南ヨーロッパ)とは

南欧(南ヨーロッパ)というのはヨーロッパの南部一帯地域のことです。地中海沿岸の地域となります。

 

南欧の民族や言語

西洋でもとくに歴史が深く、ラテン語系の言語を母語とする民族が居住しています。これはローマ帝国の影響が強かったことに由来しています。

 

他ではバルカン半島では南スラヴ系の言語が主に使われていますね。

 

<スポンサーリンク>

 

南欧の国一覧

国際連合の分類に従えば南欧の国はアルバニア・アンドラ・イタリア・キプロス・ギリシャ・クロアチア・サンマリノ・スペイン・スロベニア・セルビア・バチカン市国・ボスニア・ポルトガル・マケドニア共和国・マルタ・モンテネグロの16カ国になります。

 

nannou-map-irotuke

<画像クリックで拡大>

 

一般的に南欧といえばイタリアやスペイン、ギリシャが想起されると思いますが、地図を見て頂ければわかる通り他にもたくさんの国が属しています。

 

またフランスは基本的に西欧に属しますが地中海沿岸諸国の一つとして南欧に加えられることもあります。

 

南欧の気候

地中海性気候で温暖なのでリゾートとしても発展している地域が多く、とくに夏は北・中欧からリゾート目的でくる観光客が増えます。またイタリア北部のエミリア・ロマーニャ州は、雨が多く温暖湿潤という環境を活かし農作物が豊富につくられており、「イタリアの食料庫」と呼ばれています。

<スポンサーリンク>
 

関連ページ

「ヨーロッパ」という語の語源
当サイトではヨーロッパに関する情報をまとめていますが、普通に使っているこの「ヨーロッパ」という単語。語源は何に由来しているのでしょうか。
ヨーロッパとアジアの地理的な境界は?
ヨーロッパとアジアの地理的な境界について区分の方法などを画像でわかりやすく解説させて頂いています。
ウラル山脈の場所は?東側と西側の違い
ヨーロッパとアジアを分ける境界であるウラル山脈についてその場所や特徴について詳しく紹介しています。
スカンディナヴィアとは?構成国や語源
スカンディナヴィア諸国の構成や歴史、意味や語源について紹介しています。
スカンディナヴィア十字の色の意味
北欧諸国の国旗を象徴するスカンディナヴィア十字。それぞれ色がことなっており、その色は各国々の風土や歴史を反映しています。今回はスカンディナヴィア十字の色に込められた意味を紹介しています。
トルコやヨーロッパかアジアどっち?
そもそも「ヨーロッパ」という区分に関して絶対的・学術的統一基準はありませんので、どこまでがヨーロッパなのかアジアなのかというのは種々議論があります。そしてその時一番やり玉にあがるのがトルコです。
「ヨーロッパ大陸」の地域の分け方
ヨーロッパというのは歴史・文化・伝統などがあるていど共通する地域を区分してできた地域名です。またそのヨーロッパの地域内で北欧・南欧・西欧・東欧という区分があります。今回はその分け方について地図での色分けでわかりやすく紹介しています。
北欧の特徴
ヨーロッパにおける「北欧」の定義についてわかりやすく解説しています。北欧の国一覧や特徴を調べている方は参考にして頂ければ幸いです。
西欧・東欧の特徴
西欧(西ヨーロッパ)と東欧(東ヨーロッパ)の国一覧とそれぞれの違いを簡単に紹介しています。
中欧の特徴
中欧(中央ヨーロッパ)についてその構成国や歴史などを紹介しています。
地中海沿岸の国々
ヨーロッパ諸国や北アフリカ、中東諸国などが地中海沿岸に面しています。地中海沿岸に面している国は以下の通りです。

HOME アジア