ヨーロッパ各地域における冬の気温

ヨーロッパ各地域における冬の気温

ヨーロッパと一括りにしても大きいですので、冬の寒さは東西南北地域によって異なります。よって理想の服装も地域によって変ってくるといえるでしょう。

 

東ヨーロッパ

東ヨーロッパは大陸性気候なので夏は暑く冬は寒いです。11月から3月頃まで日照時間が短く厳しい寒さが続きます。冬の旅行では防寒に万全を期す必要があるでしょう。

 

南ヨーロッパ

地中海性気候で同緯度の他の地域より温暖です。防寒対策は日本の冬と同程度でいいでしょう。

 

<スポンサーリンク>

 

西ヨーロッパ

旅行者が多い西ヨーロッパは北大西洋に流れる暖流「メキシコ湾流」の影響で年間通して冷涼なことで有名です。夏は涼しく冬は暖かいので非常に過ごしやすいでしょう。冬にいくつもりなら西をおすすめします。

 

北ヨーロッパ

緯度が高いのでメチャクチャ寒いのではと心配するかもしれませんが、こちらも西と同じくメキシコ暖流の影響で冬でも同緯度の他の地域と比べたら比較的温暖です。とはいえ気温は10度前後ですので寒いのは寒いですのでしっかり防寒対策をしておきましょう。

 

<スポンサーリンク>
 

関連ページ

ヨーロッパが暖かいのは偏西風の影響
ヨーロッパの暖かい気候と偏西風の関係について解説していきます。
ヨーロッパでオーロラが見れる場所や時期
ヨーロッパ旅行の目当ての一つにオーロラをあげる人は多いですね。今回はヨーロッパでオーロラが見れる場所や時期を紹介しています。
ヨーロッパにふる赤色の雪の正体
ヨーロッパ(とくにパリで有名)では春先にほのかに赤い雪が降ることがあります。今回はこの赤い雪の正体、発生原因について紹介したいと思います。
ヨーロッパに台風やハリケーンはない?
ヨーロッパに日本の台風やアメリカのハリケーンのような暴風雨は起こるのか?と心配する声がありますので欧州の風事情について簡単にお話しておきます。
ヨーロッパに地震が少ない理由は?
ヨーロッパは日本と違って地震の頻度が非常に少ないです。今回はその理由について解説したいと思います。
ヨーロッパの気候の特徴|東欧と西欧の違い
ヨーロッパの気候について解説しています。地域によって暖かさや雨量が異なります。旅行など検討されている方は服装の為にもあらかじめ特徴をつかんでおきましょう。
地中海性気候の特徴
ヨーロッパ地中海沿岸における気候「地中海性気候」の特徴について解説しています。

HOME アジア