ヨーロッパ各地域の冬の気温

ヨーロッパ各地域の冬の気温

ヨーロッパ地域の冬の気温

ヨーロッパの気候的特徴【東欧/西欧/南欧/北欧の違い】で解説した通り、ヨーロッパは地理的要因により全体的に温和な気候です。ただし同緯度の他の地域よりは暖かいというだけで、冬は冷え込むことに変わりないので、地域ごとの冬の平均気温は把握しておいたほうがいいでしょう。

 

 

東ヨーロッパ

東ヨーロッパは大陸性気候です。ヨーロッパでは冬の平均気温が最も低い地域で、0℃を下回る厳しい寒さが続きます。冬の旅行では特に防寒に万全を期す必要があるでしょう。

 

南ヨーロッパ

南ヨーロッパは地中海性気候です。冬の気温は-3℃〜18℃くらいで、地中海周辺部ほど気温は高くなります。この気候帯の冬は雨が多くなるので防寒具だけでなく雨具も用意しておきましょう。

 

西ヨーロッパ

西ヨーロッパの大部分は、温暖な偏西風と暖流の影響で年間通して温和です。北西部および北部の気候は海洋性気候が支配的で、冬でも10℃前後と温暖で過ごしやすいです。一方で東部は大陸性気候に近くなり、冬は0℃を下回る日が続きます。

 

北ヨーロッパ

緯度が高い為ヨーロッパの中では寒冷な方ですが、北極圏を除いては、メキシコ暖流の影響で同緯度の他の地域と比べたら比較的温暖です。しかしそれでも冬は0℃を下回る厳しい寒さは続くので、十分な防寒対策をしておきましょう。

page top