ヨーロッパに降る赤色の雪の正体

ヨーロッパに降る赤色の雪の正体

ヨーロッパに降る赤色の雪の正体

ヨーロッパ、特にフランスパリで有名ですが、春先にほのかに赤い雪が降ることがあります。この赤い雪が積もることでまるで血に染まったような雪面が形成され、何とも不気味です。今回はこの赤い雪の正体、発生原因について紹介したいと思います。

 

 

赤い雪の発生原因とは

核攻撃や核実験が行なわれた場所では、有害な放射性物質を含む黒い雨が降った例があります。なので赤い雪も似たようなもので危ないのでは…と不安に思う人もいるかもしれません。しかし赤い雪が赤いのは、有害物質が原因ではなく、赤みを帯びた砂粒が雪の核になっていることが原因です。決して危ないものではないので、安心してください。

 

赤い砂粒の発生源

赤い砂粒はアフリカの赤土に覆われた乾燥地帯「サハラ砂漠」が発生源です。春先に砂漠上空に吹く南風にのってヨーロッパまで運ばれてきます。

 

サハラ砂漠というのは年間通してほとんど雨が降らず、最高気温は摂氏50度以上、最低気温は氷点下という高低差の激しい気象条件で、地表の風化が激しく進行している場所です。その為風で砂はさらに細かい赤土状の粒子となり、巻き上がりヨーロッパへと旅立つのです。

 

サハラ砂漠は約1万平方キロメートルの広さを誇る世界最大級の砂漠で、この規模の砂漠から運ばれてくる砂の量は年間100万トンにもなるのだそうです。

page top