ヨーロッパのミニ国家とは

ヨーロッパのミニ国家とは

ヨーロッパのミニ国家とは

ミニ国家というのは、その名の通り、非常に規模が小さい国のことです。極小国家、マイクロステートなどとも呼びます。

 

規模が小さいといったも、これはあくまで人口や国土に関することであって、経済力を指標としたものではありません。

 

経済力が小さい国というのは後発開発途上国と呼ばれ、これはまた別の概念として使われます。

 

ミニ国家はヨーロッパに集中しており

 

  • マルタ騎士団
  • バチカン
  • サンマリノ
  • リヒテンシュタイン
  • モナコ
  • アンドラ

 

などがヨーロッパのミニ国家として有名です。

 

ミニ国家は領土が小さくても国家として成立するのは、それなりの基盤があるからです。

 

バチカンは宗教的基盤を持ち、モナコやサンマリノ、マルタは観光資源を基盤に持ち、リヒテンシュタインは国際金融を基盤に持っています。

 

またミニ国家は、軍事や行政について周囲の大国が代行しているケースも多いです。

 

リヒテンシュタインはスイス、モナコはフランス、アンドラはフランスおよびスペイン各国の軍隊が防衛を行なうと決められています。

 

page top