「ベネルクス三国」とはどこ?経済の特徴や三国の覚え方

「ベネルクス三国」とはどこ?経済の特徴や三国の覚え方

「ベネルクス三国」とはどこ?経済の特徴や三国の覚え方

ベネルクス三国というのは、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクの三カ国を示す名称です。フランス、ドイツという大国に挟まれているので、覚えやすい地域かと思います。

 

名称の由来

ベネルクスはBeneluxと表記し、これは3国の始めの方の文字から取っています。

 

  • ベルギー…Belgium
  • オランダ…Netherlands
  • ルクセンブルク…Luxembourg

 

オランダについては、日本語読みをしたら「え?なぜ?」と略称の意味がわからなくなりますね。オランダはオランダ語ではNederland、英語ではNetherlandsと表記するので覚えておきましょう。

 

ベネルクス三国の経済

ベネルクス三国の国土は非常に小さく、3つ合わせても日本の北海道ほどの大きさしかありません。しかしこの三国は歴史的に常に密な関わりがあり、経済協力を行なうことで周囲の大国に対抗しているのです。

 

この協力体制はヨーロッパ統合を掲げる後の欧州連合(EU)の起源となりました。ベルギーのブリュッセルやルクセンブルクのルクセンブルク市は、EUの政治的中心都市でもあります。

 

ベネルクス三国の歴史

ベネルクス三国の地域はかつてネーデルラント(低地地方)と呼ばれていて、現在の3国はネーデルラント連合王国として統合されていました。

 

3国に分かれたのは、ルクセンブルク大公国がオランダ王国との同君連合を廃止した1890年のことです。

 

今のような協力体制が出来たのは、1921年にベルギー・ルクセンブルク経済同盟が締結され、1948年にベネルクス関税同盟が調印されてからです。

page top