ヨーロッパに伝わる有名な妖精

ヨーロッパに伝わる有名な妖精

ヨーロッパに伝わる妖精としてはウィリアム・シェイクスピアの「夏の夜の夢」に登場するオーベロンやパックなどが有名ですね。

 

オーべロン

中世・ルネサンス期の伝承にでてくる妖精の王様です。「夏の夜の夢の妖精」の作中では女王タイターニアの夫としてでてきます。

 

作中ではこのタイターニアと赤子のことで争っています。タイターニアは死んでしまった友人の赤子を自分の手で育てたいといいますがオーべロンは小姓として取り上げようとします。

 

この赤子の争奪を軸に話が展開し、色々ありますが最終的には和解する話です。

 

<スポンサーリンク>

 

パック

イギリスに伝わる妖精です。変身能力を持っており、だまされやすい人間相手にしばしばいたずらをしかける厄介者です。

 

しかししばしば貧乏人や弱者の利益のために行動したりもすると信じられているらしいので憎めないキャラクターではありますよね。

 

この妖精の名をモデルにしたキャラクターや音楽、星などもたくさんあります。

 

天王星の衛生の名「パック」はこの妖精にちなんで付けられましたし、漫画ベルセルクにでてくる妖精パックもこれがモデルになったものと思われます。

<スポンサーリンク>
 

関連ページ

ヨーロッパに伝わる伝説上の生物
ヨーロッパの北欧やギリシャに伝わる伝説上の生物を紹介しています。
ヨーロッパ諸国の有名な民謡を動画で紹介
ヨーロッパ各国の民謡を紹介しています。民謡とは、民衆の中から生まれ言い伝えられてきた郷土色を持つ歌謡のことです。ヨーロッパ諸国それぞれの国にとても素晴らしい民謡があるので一部ご紹介したいと思います。
ヨーロッパ諸国の有名な童話
ヨーロッパ諸国の有名な童話を紹介しています。童話というのは昔から語り伝えられてきた子供のためのお話のことですが、ヨーロッパ諸国にはそれぞれ素晴らしい童話があります。

HOME アジア