ヨーロッパの気候の特徴|東欧と西欧の違い

ヨーロッパの気候の特徴|東欧と西欧の違い

ヨーロッパの気候について解説しています。地域によって暖かさや雨量が異なります。旅行など検討されている方は服装の為にもあらかじめ特徴をつかんでおきましょう。

 

ヨーロッパの暖かさについて

ヨーロッパ大陸の気候というのは地域によって差はあれど、全体的には緯度が高い割に温暖です。

 

北大西洋の亜熱帯循環の先端に形成される暖流「メキシコ湾流」によりつくられる偏西風の影響があるので温帯気候領域となり同緯度の他地域より温かくなるのです。【偏西風についての詳細はこちら:ヨーロッパが暖かいのは偏西風の影響

 

西ヨーロッパなんかはとくに夏は涼しく冬は暖かい※ので非常に過ごしやすいですね。旅行者が多いのもこれが一つの理由です。

 

このような気候を西岸海洋性気候という。

 

<スポンサーリンク>

 

しかし【東ヨーロッパ】に関しては大陸性気候なので夏は暑く冬はとても寒いですので服装には気を使う必要があるでしょう。

 

ただ東にしろ西にしろヨーロッパにはジメジメとした湿気はないので、気温が高くても木陰や屋内にいれば普通に快適です。日本の夏とはかなり性質が異なります。

 

しかし湿気がない分日光が吸収されにくく、太陽が非常にまぶしいです。

 

南ヨーロッパは地中海性気候に属し、夏はひざしが強く乾燥します。

 

ヨーロッパの雨量について

ヨーロッパを吹き付ける偏西風に水分がふくまれていることもあり全体的に雨は多いです。

 

地域別の雨量の差については地中海沿岸は夏に雨量が少なくなり、冬に多くなります。

 

【西ヨーロッパ】は季節による雨量の差はほとんどなく安定しています。

 

【東ヨーロッパ】は黒海沿岸以外は雨量が少ないです。

<スポンサーリンク>
 

関連ページ

ヨーロッパが暖かいのは偏西風の影響
ヨーロッパの暖かい気候と偏西風の関係について解説していきます。
ヨーロッパでオーロラが見れる場所や時期
ヨーロッパ旅行の目当ての一つにオーロラをあげる人は多いですね。今回はヨーロッパでオーロラが見れる場所や時期を紹介しています。
ヨーロッパにふる赤色の雪の正体
ヨーロッパ(とくにパリで有名)では春先にほのかに赤い雪が降ることがあります。今回はこの赤い雪の正体、発生原因について紹介したいと思います。
ヨーロッパに台風やハリケーンはない?
ヨーロッパに日本の台風やアメリカのハリケーンのような暴風雨は起こるのか?と心配する声がありますので欧州の風事情について簡単にお話しておきます。
ヨーロッパに地震が少ない理由は?
ヨーロッパは日本と違って地震の頻度が非常に少ないです。今回はその理由について解説したいと思います。
ヨーロッパ各地域における冬の気温
ヨーロッパと一括りにしても大きいですので、冬の寒さは東西南北地域によって異なります。よって理想の服装も地域によって変ってくるといえるでしょう。
地中海性気候の特徴
ヨーロッパ地中海沿岸における気候「地中海性気候」の特徴について解説しています。

HOME アジア