ヨーロッパの特徴・象徴

ヨーロッパの特徴・象徴

ヨーロッパの特徴・象徴記事一覧

地理的・文化的・政治的・歴史的・人種的結びつきの深いユーラシア大陸西端地域をヨーロッパと呼びますが、この地域全体のシンボルとして扱われる物や概念は様々です。欧州旗欧州旗国家のシンボルとして国旗が定められているように、ヨーロッパのシンボルとしては「欧州旗」と呼ばれる旗が定められています。青地に12個の金色の星で輪を描いたデザインになっており、欧州評議会(COE)において初めて定められました。青地は青...

欧州旗ヨーロッパのシンボルといえば、青地の中心に12個の金色の星で輪を描いた「欧州旗」でしょう。青地は青空を表し、星の描く円環はヨーロッパの人々の連帯を表しています。欧州旗誕生の経緯この旗は欧州評議会(COE)において初めて定められました。もともとヨーロッパ全体を象徴するシンボルとして定められましたが、1985年にミラノで開かれた欧州理事会での決定で、現在では欧州連合(EU)の公式のシンボルとして...

紋章学とは、氏族・団体・地方の紋章の図柄・色彩の案を出したり紋章の説明文を残し(紋章記述)たり紋章の特徴を分析し意味や起源を研究したりする学問です。英語ではヘラルドリー (Heraldry) と呼びます。日本では家紋の研究がこの学問にあたりますね。紋章とは紋章とは個人や組織、軍隊などの識別する為の図案のことで、ようはその図案を理解・研究する学問ということですね。個人識別に利用された紋章は、全く同じ...

アジアとヨーロッパというのは地理的にはそこまで明瞭な境界があるわけではありません。アジア・ヨーロッパを分けているのは、地理的特徴よりもむしろ、人種・宗教・文化的側面の違いによる所が大きいです。アジアに住む日本人にとって、この違いを理解することがヨーロッパを理解する近道でもあります。建築文化の違いアジアとヨーロッパの伝統的な建築様式に着目した場合、ヨーロッパは石造りの家が多く、アジアは木造が多いです...

ヨーロッパの総人口は2009年の時点で7億3100万人です。これは地球総人口の11%にもおよび、アジア・アフリカに次ぐ人口となっています。ヨーロッパ州は、大州としては世界で2番目に小さな大州であり、そこまで大きな人口を抱えるようには見えませんが、古代ギリシア時代から続く最先端の文明による経済的強みが、この人口規模に繋がっています。ヨーロッパの人口ランキングヨーロッパ各国の人口をランキングにするとT...

ヨーロッパ大陸の面積に関する情報をまとめています。ヨーロッパ諸国の面積ランキングや日本との面積比較などから、この大陸が世界においてどの程度の規模を占めているのか把握しておきましょう。1.ヨーロッパ大陸の面積2.ヨーロッパ各国の面積ランキング3.日本とヨーロッパ諸国との面積比較ヨーロッパ大陸の面積ヨーロッパ大陸の面積は1018万 km2で、これは大州としては下から2番目の小ささになります。しかしヨー...

ヨーロッパ文明に対する見方の一つとしてヨーロッパ中心主義というものがあります。これは地球上にあるあらゆる文明のうち、ヨーロッパの文明を特別視し至高の物だとする考え方のことです。大航海時代以後、ヨーロッパ諸国が進めてきた植民地政策は、こういった価値観の下正当化されてきたわけですが、「ヨーロッパ中心主義」という言葉自体は、ヨーロッパがこういう考えを持っていることを指すのではなく、ヨーロッパの影響を受け...

ドイツ北西部ルール地方にある「ルール工業地帯」はヨーロッパ最大の工業地帯と言われています。ヨーロッパの産業を理解する上で外せない場所なので、その発展理由・歴史的背景について学んでおきましょう。ルール工業地帯とはどんな場所?ルール工業地帯があるルール地方は、ルール川下流域に広がる4435km2もの面積、約600万人の人口を抱えるドイツ屈指の大都市圏です。「ルール炭田」と「ライン川」の水運を背景に、鉄...

ヨーロッパには、経済力で「大都市」と称される場所はいくつもありますが、「ヨーロッパ最大」となるとやはりロンドンが筆頭として挙げられるでしょう。例えば以下のような点でロンドンは他のヨーロッパ都市と一線を画しているをいえます。ロンドンが「ヨーロッパ最大」といわれる理由経済的、政治的、文化的に世界に強い影響力を持っている。世界で最も来訪者の多い都市。ヨーロッパで最も多く大学が集まっている都市で、全部で4...

page top