ピレネー山脈の場所は?

ピレネー山脈の場所は?

ピレネー山脈の場所は?

ピレネー山脈は、ヨーロッパイベリア半島の付け根付近を東西に横切る長さ約430kmの山脈です。地中海からビスケー湾まで続いています。

 

フランス、スペイン、アンドラなどの国土にまたがっています。第三紀始新世以来のアルプス造山運動によって形成された山脈です。

 

最高峰はマラデッタ山塊のピコ・デ・アネト(3404m)です。

 

ユーラシア大陸西端部に位置する山脈なので、かつてはヨーロッパとイベリア半島を分ける境界として扱う考え方もありました。

 

ナポレオン1世は「ピレネーの向こうはアフリカ」と述べたといいます。

 

また8世紀から11世紀にかけては、ヨーロッパへのイスラム教徒侵入を食い止める防壁としても機能しました。

 

今はフランスとスペインを分ける国境として機能しています。

 

中央部のベルデュー山一体は1997年世界遺産としてフランス、スペイン共同で登録されました。

 

ピレネー山脈の南北の斜面ではウィンタースポーツがさかんで、アルペンスキーや冬山登山などが行なわれています。

 

登山初心者でも容易なコースが多いので、夏はハイキングに訪れる観光客も多いです。多彩な植物が自生しており、実に美しい景観を作り出しています。

page top