欧亜の境界線「ウラル山脈」の場所【東側と西側の違い】

欧亜の境界線「ウラル山脈」の場所【東側と西側の違い】

ウラル山脈の場所【東側と西側の違いとは】

ヨーロッパとアジアを分ける境界はいくつかありますが、最も重要な境界として挙げられるのは、ユーラシア大陸西端で南北に走る長大な山脈「ウラル山脈」でしょう。今回はこのウラル山脈について、その場所や特徴について詳しく紹介していこうと思います。

 

 

ウラル山脈の場所

欧亜の境界線「ウラル山脈」の場所【東側と西側の違い】

 

ウラル山脈は東経60度の経線に沿って連なりロシアを南北に縦断している山脈であり、ユーラシア大陸をヨーロッパとアジアに分ける境界線となっています。ウラル山脈の西側がヨーロッパ(緑色の部分)となり東側がアジア(黄色の部分)という区分けになっています。

 

ヨーロッパとアジアの境界については学術的な絶対基準がなく、種々議論はあるのですが、このウラル山脈がヨーロッパ・アジアを分ける重要な基軸になっているのはどの立場でも変わらないといって良いでしょう。

 

ロシアはアジア?ヨーロッパ?

地図から、ロシアの国土というのは、地理的にはヨーロッパ・アジア双方に属していることがわかると思います。しかしロシアという国家としてはヨーロッパに分類されることに注意しましょう。ロシアは人種的にも文化的にもヨーロッパ寄りなのです。

 

 

ウラル山脈ってどんな山脈?

■標高・長さ
ウラル山脈は長さ約2498km、平均標高900〜1200mの山脈です。地形的には全体としてなだらかで低いのが特徴で、最高峰でも1895m(ナロードナヤ山)程度の高さです。これは長年の侵食により地形が削られたのが原因です。

 

■自然
針葉樹林に覆われたたくさんの小さな山脈で成り立っています。北西部にあるコミの原生林は動植物の豊かさで知られ、世界遺産にも登録されています。ただその地下に豊富な金鉱が眠っているので、開発による破壊の懸念もされています。

 

■歴史
2億年以上前の石炭紀後期に形成された、地球に現存する最古の山脈です。この山脈の存在はギリシア時代にはすでに知られており、ユーラシアを旅したアラブ人旅行者の旅行記に記録が残されています。

 

■資源
金・銀・プラチナ・石炭・ニッケルといった鉱物資源が豊富にあります。地形の侵食が進みこれら鉱物資源がむき出しになっており、ロシア帝国や、後のソビエト連邦はこの鉱物の採掘で栄えました。

 

■名前の由来
石の転がる山地が帯のように連なる様から、テュルク諸語で「帯」を意味するウラルからとったという話です。

page top