ウラル山脈の場所は?東側と西側の違い

ウラル山脈の場所は?東側と西側の違い

ヨーロッパとアジアを分ける境界であるウラル山脈についてその場所や特徴について詳しく紹介しています。

 

ウラル山脈の場所

ウラル山脈の場所は?東側と西側の違い

ウラル山脈は東経60度の経線に沿って連なりロシアを南北に縦断している山脈であり、ユーラシア大陸をヨーロッパとアジアに分ける境界線となっています。

 

ウラル山脈の西側がヨーロッパとなり東側がアジアという区分けになっています。

 

ロシアというのは国家としてはヨーロッパに属していても、地理的にはヨーロッパ・アジア双方に属すると理解してもらっていいでしょう。

 

<スポンサーリンク>

 

ヨーロッパとアジアの境界については学術的な絶対基準がなく、種々議論はあるのですが、このウラル山脈がヨーロッパ・アジアを分ける重要な基軸になっているのは変わりありません。

 

ウラル山脈ってどんな山脈?

ウラル山脈は針葉樹林に覆われたたくさんの小さな山脈で成り立っており、長さは約2498km、平均標高900~1200mです。

 

2億年以上前に形成された地球に現存する最古の山脈の一つであり、金・銀・プラチナ・石炭・ニッケルといった鉱物資源が豊富にあります。

 

名前の由来としては、石の転がる山地が帯のように連なる様から、テュルク諸語で「帯」を意味するウラルからとったという話です。

<スポンサーリンク>
 

関連ページ

「ヨーロッパ」という語の語源
当サイトではヨーロッパに関する情報をまとめていますが、普通に使っているこの「ヨーロッパ」という単語。語源は何に由来しているのでしょうか。
ヨーロッパとアジアの地理的な境界は?
ヨーロッパとアジアの地理的な境界について区分の方法などを画像でわかりやすく解説させて頂いています。
スカンディナヴィアとは?構成国や語源
スカンディナヴィア諸国の構成や歴史、意味や語源について紹介しています。
スカンディナヴィア十字の色の意味
北欧諸国の国旗を象徴するスカンディナヴィア十字。それぞれ色がことなっており、その色は各国々の風土や歴史を反映しています。今回はスカンディナヴィア十字の色に込められた意味を紹介しています。
トルコやヨーロッパかアジアどっち?
そもそも「ヨーロッパ」という区分に関して絶対的・学術的統一基準はありませんので、どこまでがヨーロッパなのかアジアなのかというのは種々議論があります。そしてその時一番やり玉にあがるのがトルコです。
「ヨーロッパ大陸」の地域の分け方
ヨーロッパというのは歴史・文化・伝統などがあるていど共通する地域を区分してできた地域名です。またそのヨーロッパの地域内で北欧・南欧・西欧・東欧という区分があります。今回はその分け方について地図での色分けでわかりやすく紹介しています。
北欧の特徴
ヨーロッパにおける「北欧」の定義についてわかりやすく解説しています。北欧の国一覧や特徴を調べている方は参考にして頂ければ幸いです。
南欧の特徴
南欧(南ヨーロッパ)についてまとめています。南欧に属する国やこの地域の民族・特徴・気候について気になる方は参考にしてください。
西欧・東欧の特徴
西欧(西ヨーロッパ)と東欧(東ヨーロッパ)の国一覧とそれぞれの違いを簡単に紹介しています。
中欧の特徴
中欧(中央ヨーロッパ)についてその構成国や歴史などを紹介しています。
地中海沿岸の国々
ヨーロッパ諸国や北アフリカ、中東諸国などが地中海沿岸に面しています。地中海沿岸に面している国は以下の通りです。

HOME アジア