西欧と東欧の違いや特徴【定義/国一覧】

西欧と東欧の違いや特徴【定義/国一覧】

西欧と東欧の違いや特徴【定義/国一覧】

西欧(西ヨーロッパ)と東欧(東ヨーロッパ)の違いについてですが、まずは国際連合によるヨーロッパ地域の4分類をご確認ください。西欧が黄色の部分、東欧がオレンジ色の部分になります。

 

europa-touzainanboku-irowake

<画像クリックで拡大>

 

 

西欧の国一覧

西欧というのはヨーロッパの西部一帯に位置する国々のことで、西ヨーロッパともいいます。国際連合の分類では西欧の国々はオーストリア・オランダ・スイス・ドイツ・フランス・ベルギー・モナコ・リヒテンシュタイン・ルクセンブルク等の国々になります。

 

 

seiousyokoku-map-irotuke


黄色部分が西欧の国
<画像クリックで拡大>

 

 

東欧の国一覧

東欧というのはヨーロッパの東部一帯に位置する国々のことで東ヨーロッパともいいます。国際連合の分類では東欧は国はロシア(ウラル山脈以西)・ベラルーシ・ウクライナ・モルドバ・オランダ・ルーマニア・ブルガリア・ハンガリー・スロバキア・チェコ・ポーランドなどの国々になります。

 

touousyokoku-map-irotuke


オレンジ部分が東欧の国
<画像クリックで拡大>

 

西欧と東欧の違い

国際連合の解釈に基づく東欧・西欧の地理的分類とは別に、歴史や文化的な理由で東欧と西欧を分ける場合もあります。

 

例えばアメリカやカナダと食事やファッションなど文化的な面で共通点が多い地域を西欧と呼んだり、かつてからの資本主義国を西欧、それに対比して旧共産圏を東欧と呼ぶ場合もあります。

 

日本にはアメリカを通じ西欧文化が根強く定着していますから、現地で生活してみて多くの日本人が馴染みを感じるのは西欧文化圏だと思います。逆に東欧文化は日本人には馴染みが薄いので、旅行に行ったら西欧よりも新鮮味を感じると思います。

page top