スカンディナヴィア十字の色の意味

スカンディナヴィア十字の色の意味

北欧諸国の国旗を象徴するスカンディナヴィア十字。それぞれ色がことなっており、その色は各国々の風土や歴史を反映しています。今回はスカンディナヴィア十字の色に込められた意味を紹介しています。

 

スカンディナヴィア十字とは

北欧諸国(スカンディナヴィア諸国)のアイスランド・スウェーデン・デンマーク・ノルウェー・フィンランドの国旗は青や赤、白といった下地に共通して「十字」が記されたデザインになっており、このような十字をスカンディナヴィア十字といいます。

 

<スポンサーリンク>

 

十字の色の意味は?

この十字は世界最古の国旗の一つデンマークの国旗デザインに基づいています。国によって十字と下地の色が違うのはそれぞれに違う意味が込められているからです。それぞれの意味は以下の通りです。

 

デンマーク国旗の十字

denmark_flag

赤字に白十字のデザインになっています。赤は神聖ローマ帝国の軍旗の色、白十字はキリスト教を表しています。古語ではダンネブロと呼ばれており、「デンマークの地から、赤い布」という意味が込められています。スカンディナヴィア十字の元になったデザインです。

 

アイスランド国旗の十字

スカンディナヴィア十字の色の意味

青地ベースに白十字+その上に重ねられた赤十字というデザインです。青は古くからアイスランドの国民色とされており、白と赤の十字のデザインはアイスランドが元々はデンマーク領であったことに由来しています。

 

スウェーデン国旗の十字

スカンディナヴィア十字の色の意味

スウェーデンの国旗は青地に金色の十字が走るデザインになっています。青は澄んだ空、金はキリスト教・自由・独立を表現しています。

 

ノルウェー国旗の十字

スカンディナヴィア十字の色の意味

ノルウェーの旗は赤字に白十字と青十字のデザインになっていますが、白十字はかつての宗主国デンマークの国旗を意味し、それに重ねられている青十字はノルェーの青い海を表現しています。金十字旗とも呼ばれます。

 

フィンランド国旗の十字

スカンディナヴィア十字の色の意味

白地に青いスカンディナヴィア十字のデザインです。青はフィンランドの数千の湖・海・空を、白は国土を覆う雪を表現しているそうです。


 

以上北欧諸国のスカンディナヴィア十字の色の意味について紹介させていただきました。

<スポンサーリンク>
 

関連ページ

「ヨーロッパ」という語の語源
当サイトではヨーロッパに関する情報をまとめていますが、普通に使っているこの「ヨーロッパ」という単語。語源は何に由来しているのでしょうか。
ヨーロッパとアジアの地理的な境界は?
ヨーロッパとアジアの地理的な境界について区分の方法などを画像でわかりやすく解説させて頂いています。
ウラル山脈の場所は?東側と西側の違い
ヨーロッパとアジアを分ける境界であるウラル山脈についてその場所や特徴について詳しく紹介しています。
スカンディナヴィアとは?構成国や語源
スカンディナヴィア諸国の構成や歴史、意味や語源について紹介しています。
トルコやヨーロッパかアジアどっち?
そもそも「ヨーロッパ」という区分に関して絶対的・学術的統一基準はありませんので、どこまでがヨーロッパなのかアジアなのかというのは種々議論があります。そしてその時一番やり玉にあがるのがトルコです。
「ヨーロッパ大陸」の地域の分け方
ヨーロッパというのは歴史・文化・伝統などがあるていど共通する地域を区分してできた地域名です。またそのヨーロッパの地域内で北欧・南欧・西欧・東欧という区分があります。今回はその分け方について地図での色分けでわかりやすく紹介しています。
北欧の特徴
ヨーロッパにおける「北欧」の定義についてわかりやすく解説しています。北欧の国一覧や特徴を調べている方は参考にして頂ければ幸いです。
南欧の特徴
南欧(南ヨーロッパ)についてまとめています。南欧に属する国やこの地域の民族・特徴・気候について気になる方は参考にしてください。
西欧・東欧の特徴
西欧(西ヨーロッパ)と東欧(東ヨーロッパ)の国一覧とそれぞれの違いを簡単に紹介しています。
中欧の特徴
中欧(中央ヨーロッパ)についてその構成国や歴史などを紹介しています。
地中海沿岸の国々
ヨーロッパ諸国や北アフリカ、中東諸国などが地中海沿岸に面しています。地中海沿岸に面している国は以下の通りです。

HOME アジア