ヨーロッパとアジアの地理的な境界は?

ヨーロッパとアジアの地理的な境界は?

ヨーロッパとアジアの境界に関する考え方についてわかりやすく解説させて頂いています。

 

ヨーロッパとアジアの境界

ヨーロッパ・アジアというのはそもそも陸続き。

 

区分方法に関しては絶対的な学術的統一基準がなく、種々の議論があるので明確にこうと断言するのも難しいのですが、ヨーロッパ諸国ではトルコ以東をアジアと指すことが多いです。

 

関連記事:「アジア」の定義

 

world-europe -asia-irowake

アジアとヨーロッパの境界(画像クリックで拡大)
緑がヨーロッパで黄色がアジア

 

地図でヨーロッパとアジアの境界を色分けして区分しました。

 

ウラル山脈・コーカサス山脈の分水嶺、ウラル川・カスピ海・黒海、そして黒海と地中海を繋ぐボスポラス海峡をアジアとの境界とする考え方が定着しています。

 

<スポンサーリンク>

 

ロシアはアジア?ヨーロッパ?

ロシアはアジアとヨーロッパにまたがっている大きな国ですので、ロシアってアジアなの?ヨーロッパなの?という質問を目にしますが地理的にはウラル山脈の東がアジアで西がヨーロッパになります。

 

そしてロシアは国家としてはヨーロッパに含まれますし、ロシア人たちは自分たちをヨーロッパ人と認識しています。【関連記事:ヨーロッパは何カ国?国名・国数・覚え方など

 

同じように地理的にはアジアとヨーロッパ双方にまたがっている国にはトルコやカザフスタンがあります。

<スポンサーリンク>
 

関連ページ

「ヨーロッパ」という語の語源
当サイトではヨーロッパに関する情報をまとめていますが、普通に使っているこの「ヨーロッパ」という単語。語源は何に由来しているのでしょうか。
ウラル山脈の場所は?東側と西側の違い
ヨーロッパとアジアを分ける境界であるウラル山脈についてその場所や特徴について詳しく紹介しています。
スカンディナヴィアとは?構成国や語源
スカンディナヴィア諸国の構成や歴史、意味や語源について紹介しています。
スカンディナヴィア十字の色の意味
北欧諸国の国旗を象徴するスカンディナヴィア十字。それぞれ色がことなっており、その色は各国々の風土や歴史を反映しています。今回はスカンディナヴィア十字の色に込められた意味を紹介しています。
トルコやヨーロッパかアジアどっち?
そもそも「ヨーロッパ」という区分に関して絶対的・学術的統一基準はありませんので、どこまでがヨーロッパなのかアジアなのかというのは種々議論があります。そしてその時一番やり玉にあがるのがトルコです。
「ヨーロッパ大陸」の地域の分け方
ヨーロッパというのは歴史・文化・伝統などがあるていど共通する地域を区分してできた地域名です。またそのヨーロッパの地域内で北欧・南欧・西欧・東欧という区分があります。今回はその分け方について地図での色分けでわかりやすく紹介しています。
北欧の特徴
ヨーロッパにおける「北欧」の定義についてわかりやすく解説しています。北欧の国一覧や特徴を調べている方は参考にして頂ければ幸いです。
南欧の特徴
南欧(南ヨーロッパ)についてまとめています。南欧に属する国やこの地域の民族・特徴・気候について気になる方は参考にしてください。
西欧・東欧の特徴
西欧(西ヨーロッパ)と東欧(東ヨーロッパ)の国一覧とそれぞれの違いを簡単に紹介しています。
中欧の特徴
中欧(中央ヨーロッパ)についてその構成国や歴史などを紹介しています。
地中海沿岸の国々
ヨーロッパ諸国や北アフリカ、中東諸国などが地中海沿岸に面しています。地中海沿岸に面している国は以下の通りです。

HOME アジア