ヨーロッパ最大の工業地帯「ルール工業地帯」の発展理由

ヨーロッパ最大の工業地帯「ルール工業地帯」の発展理由

ドイツ北西部ルール地方にある「ルール工業地帯」はヨーロッパ最大の工業地帯と言われています。今回はこのルール工業地帯の発展理由・歴史的背景について解説したいと思います。

 

ルール工業地帯の歴史

ルール地方工業化は18世紀後半にはオーバーハウゼンやエッセンで製鉄が開始されたのが始まりです。

 

そして19世紀以後開発の進んだルール炭田と鉄鉱石や製品の輸送に利用できるライン川の水運を利用し鉄鋼・機械・化学工業が加速しました。

 

ヨーロッパ最大の工業地帯といえる規模を確立しました。

 

人口も工業化のあおりをうけ爆発的に増加。デュッセドルフやドルトムント、エッセンなどの工業都市の面々がドイツ屈指の大都市圏を形成しています。

 

<スポンサーリンク>

 

第二次世界大戦中のルール工業地帯

ルール工業地帯は近代から戦後しばらくまではドイツの重工業の要諦となってきました。

 

第二次世界大戦のナチスドイツの再軍備はルール工業地帯の発展が背景にあります。

 

しかしその為に英米軍による戦略爆撃の重点的な攻撃目標になり、大戦末期には工業機能が停止させられることになります。

 

▼1945年連合軍 ドイツルール地方包囲作戦▼

 

しかし戦後ナチスが降伏して以降は復興を遂げ、現在も活発な生産活動が行われています。

<スポンサーリンク>
 

関連ページ

アジアとヨーロッパの違い
アジアとヨーロッパの違いについて建築文化・食文化・宗教・骨格などいくつかの観点からざっくりまとめています。
ヨーロッパの人口は?欧州人口ランキングや推移
ヨーロッパの人口についてです。ヨーロッパ大陸の人口やヨーロッパの国々の人口ランキング、中世を含めた人口の推移などを紹介しています。
ヨーロッパの面積は?各国の面積ランキングと日本との比較
ヨーロッパ大陸の面積とヨーロッパの国の面積ランキングTOP10、また日本との面積比較などを紹介しています。
ヨーロッパを象徴するシンボルを知ろう
ヨーロッパの定義については【ヨーロッパの地理的な定義・範囲】で解説させていただきましたが、このヨーロッパ地域全体のシンボルとされる物や概念には様々あります。今回は主要なヨーロッパのシンボルを紹介させて頂きます。
ヨーロッパ中心主義とは何か
ヨーロッパ文明に対する見方の一つとしてヨーロッパ中心主義というものがありますので簡単に解説したいと思います。
ヨーロッパ最大の都市は?
ヨーロッパには経済力において大都市といわれるような所はいくつもありますが、「ヨーロッパ最大」となるとやはりロンドンが挙げられるかと思います。それに次いでパリ・モスクワあたりがくる感じですね。

HOME アジア