ヨーロッパで人気があるスポーツの傾向

ヨーロッパで人気があるスポーツの傾向

ヨーロッパで人気があるスポーツの傾向

ヨーロッパではスポーツが盛んです。様々な競技で「強豪国」とされる国にヨーロッパ諸国の名前が挙がります。ヨーロッパ人がスポーツに強い理由は何なのか、ヨーロッパで人気の競技にはどういった傾向があるのかなどについて考えてみたいと思います。

 

ヨーロッパが強い理由

まずヨーロッパではあらゆるスポーツにプロリーグが設けられ、選手の育成システムが整っているというのが大きいでしょう。最近は優秀な帰化選手を切り札として起用する国も珍しくありませんが、ヨーロッパは自国から優秀な選手が自然と排出される仕組みになっています。

 

また世界的に有名なスポーツの多くはヨーロッパを発祥としているというのも大きいでしょう。

 

 

団体競技

サッカー

ヨーロッパで最も人気があるスポーツはサッカーです。ドイツ、イタリア、スペイン、フランスなどワールドカップ優勝経験国が多く、擁するクラブチームは実力・財力共に世界トップレベルです。サッカーはヨーロッパで最も成功をおさめている競技といえるでしょう。

 

バスケットボール

バスケットボールはヨーロッパで広く親しまれていますが、特に地中海諸国と東欧で人気なスポーツです。リトアニアでは全ての競技の中で最も人気のあるスポーツです。国内にプロリーグ、教育リーグがあり、世界大会でも優勝経験があります。その他スペインやフランス、ロシアなどでも人気が高いです。

 

バレーボール

バレーボールも地中海諸国と東欧で人気が高いスポーツです。特にポーランドではサッカーをしのぐ熱狂ぶりです。プロリーグでは、ドイツ、フランス、イタリア、ロシア、ポーランドなどのヨーロッパ諸国が有名です。

 

個人競技も盛況

ヨーロッパでは団体競技だけでなく個人競技も盛んに行われています。

 

テニス

テニスはヨーロッパ全土で人気の高いスポーツで、ロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、マレー(イギリス)と「ビッグ4」と称されるテニス界のレジェンド的存在は皆ヨーロッパ出身です。「グランドスラム」と呼ばれるテニスの4大大会のうち2大会はヨーロッパ(フランスとイギリス)で行われます。

 

ウィンタースポーツ

北欧やアルプスなど寒冷な気候の国ではスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツが盛んです。冬季オリンピックのメダル獲得数では必ず上位に位置しています。

page top