ヨーロッパ諸国の有名な童話

ヨーロッパ諸国の有名な童話

ヨーロッパ諸国の有名な童話

童話は、文字通り昔から語り伝えられてきた子供(童子)のためのお話のことです。童話からはその地域古来の文化・風習がうかがえ、地域性やそこに暮らす人々の生活感情を知るのに役立ちます。

 

 

イギリスの童話

イギリスに伝わる童話といえばやはり『マザーグース』でしょう。マザーグースとは「ロンドン橋落ちた」「メリーさんのひつじ」「ハートの女王」などイギリス発祥の童話の総称のことで、英米を中心に世界中で親しまれています。17世紀から始まったイギリスの領土拡大政策をきっかけに世界中に広まりました。

 

マザーグースの『ロンドン橋落ちた』(日本語版)

 

ドイツの童話

ドイツの童話といえば、「シンデレラ」「ヘンゼルとグレーテル」「赤頭巾」「白雪姫」など名だたる名作を収録した『グリム童話』(原題は『子どもと家庭のための昔話集』)が挙げられるでしょう。『グリム童話』はドイツや周辺地域の民話を集めて再編した童話集です。ヤーコプとグリム兄弟が編纂し1812年に初版第一巻が、1815年に第二巻が刊行されました。

 

グリム童話の『赤ずきん』(日本語版)

 

フランスの童話

フランスの童話といえばフランスの詩人で作家のシャルル・ペローが作成した『ペロー童話集』が有名です。知名度は『グリム童話』や『マザーグース』に並びますが、これらよりも前に民間伝承をまとめたものとして名高いです。「眠れる森の美女」「赤ずきんちゃん」「青ひげ」「ねこ先生または長靴をはいた猫」「仙女たち」「サンドリヨンまたは小さなガラスの靴(シンデレラ)」「まき毛のリケ」「親指小僧」の8編が収録されています。

 

ペロー童話集の『眠れる森の美女』

 

ギリシアの童話

ギリシアの童話としては『イソップ物語』が代表的です。紀元前619年〜紀元前564年頃生きた古代ギリシアの作家アイソーポス(英語読みでイソップ)が原作者とされています。収録されている話で特に有名なのは「アリとキリギリス」「ウサギとカメ」「ガチョウと黄金の卵」「金の斧と銀の斧」などが挙げられます。

 

イソップ童話の『金の斧と銀の斧』

page top