ヨーロッパで導入されている通貨一覧

ヨーロッパで導入されている通貨一覧

ヨーロッパで導入されている通貨一覧

ヨーロッパで導入されている通貨一覧

2018年現在、ヨーロッパ諸国のうち19カ国は共通通貨であるユーロ(euro)を導入しており、人口3億2600万人を擁するユーロ圏(ユーロゾーン)と呼ばれる経済圏・世界最大の単一統合地域を形成しています。

 

EUに加盟し、ユーロ導入国になれば、欧州中央銀行という経済面における強力な後ろ盾を得ることができます。一方でEUに加盟するということは、EUの定める規則の支配下に置かれるということでもあるので、国内産業の規制を恐れて加盟に踏み切れない国もあります。(例:アイスランド)


 

 

EU加盟国全てがユーロを導入しているわけじゃない?

EU加盟国の大半(欧州連合加盟全27か国中19か国)はユーロ導入国となっていますが、EU加盟国で独自の通貨を導入している国もあります。しかしそれらの国々は欧州中央銀行に代表を送ることができず、通貨政策が統一されていないので、通常「ユーロ圏」の内には含めません。逆にモナコ、サンマリノ、バチカンはEUに非加盟でありながら、ユーロを導入している数少ない国です。

 

EU加盟国でユーロ以外を導入している国一覧

チェコ(採用通貨:コルナ)、スウェーデン(クローナ)、ブルガリア(レフ)、デンマーク(クローネ)、ルーマニア(レウ)、ハンガリー(フォリント)、ポーランド(ズウォティ)、クロアチア(クーナ)

 

ユーロ以外の通貨を導入している国は?

またEU非加盟のヨーロッパ諸国は全て(モナコ、サンマリノ、バチカン以外)、ユーロでない独自の通貨を導入しています。

 

EU非加盟国の独自通貨

イギリス(採用通貨:UKポンド)、スイス,リヒテンシュタイン(スイス・フラン)、ノルウェー(クローネ)、アイスランド(アイスランド・クローナ)

page top