ヨーロッパの仏教国は?布教度は?

ヨーロッパの仏教国は?布教度は?

ヨーロッパにおける仏教事情について解説しています。ヨーロッパにおける仏教徒の数や仏教が最も布教されている国なども紹介しています。

 

ヨーロッパにおける仏教徒の数

ヨーロッパにおいて仏教が布教し始めたのは19世紀後半からです。仏教の布教は進んでいき現代では100~400万人の仏教徒がいるとされています。

 

近代ヨーロッパにおける仏教の普及はアルトゥル・ショーペンハウアーやフリードリヒ・ニーチェなどの哲学者がその火付け役とされています。

 

またヨーロッパ人が初めて仏教に触れたのは紀元前3世紀にアレクサンドロ三世がインド北西部まで侵攻した時といわれています。

 

<スポンサーリンク>

 

仏教徒が多い国

仏教徒が多い国にはドイツ・イタリア・フランス・イギリス・ロシア・オーストリアなどの国が挙げられます。

 

ただ仏教が国教として認可されるには公式に登録を行わなければなりませんが、仏教を公式に認可している国家は2017年現時点ではロシアとオーストリアのみです。

 

ロシアのカルムイク共和国はヨーロッパ唯一の仏教国です。首都のエリスタには敬虔な仏教徒が多く、立派な仏教寺院が建てられています。

<スポンサーリンク>
 

関連ページ

ヨーロッパで使われている言語は?
ヨーロッパで使用されている主要な言語とそれぞれの特徴を紹介しています。
ヨーロッパで導入されている通貨一覧
ヨーロッパで導入されている通貨の一覧をEU加盟国、EU非加盟国それぞれ紹介しています。
ヨーロッパにおけるチップ文化|ホテルやトイレ、タクシーでの相場は?
ヨーロッパにおけるチップ文化について解説しています。ホテルやトイレ、タクシーでの払い方の例も紹介しています。
ヨーロッパに住む先住民族の種類
ヨーロッパには数十の様々な民族が存在しています。 そして国を民族ごとに分布するというのは事実上不可能です。一つの国には様々な民族が住んでいるためです。 なのでここではヨーロッパの先住民族にピックアップして紹介したいと思います。
ヨーロッパのクリスマスの過ごし方
クリスマスというのは言うまでもなくイエス・キリストの生誕祭。ヨーロッパではキリスト教が全体の7割を占めていますから当然クリスマスは家族親戚で盛大に祝います。ただ各国ごとに祝い方は微妙に異なるので、それぞれの特徴を紹介していきましょう。
ヨーロッパの宗教の種類や割合|キリスト教が多い?
ヨーロッパの宗教はヨーロッパにおける文化、美術史、音楽、哲学、法律など様々なものにに影響を与えました。今回はヨーロッパにおける宗教の種類や割合を紹介したいと思います。
ヨーロッパ旅行での免税手続きについてわかりやすく解説

HOME アジア