アジアとヨーロッパの違いをザックリ解説

アジアとヨーロッパの違いをザックリ解説

アジアとヨーロッパの違いについて建築文化・食文化・宗教・骨格などいくつかの観点からざっくりまとめています。

 

建築文化の違い

それぞれの伝統的な建築物に着目した場合、ヨーロッパは石造りの家が多く、アジアは木造が多いです。ヨーロッパの代表的な建築様式としてビザンティン建築・ロマネスク建築・ゴシック建築・ルネサンス建築・バロック建築・ロココ建築などが知られています。

【詳細記事:ヨーロッパの建築様式の特徴

 

<スポンサーリンク>

 

宗教の違い

ヨーロッパはキリスト教が多く、アジアは仏教が多いです。宗派としてはヨーロッパでも南欧ではカトリックが多く、北欧ではプロテスタントが多いです。日本の宗教はほぼ仏教ですが、日本人の約50%が無宗教でもあります。

【詳細記事:ヨーロッパの宗教の種類や割合は?キリスト教が多い理由は?

 

食文化の違い

ヨーロッパはパンが主食で、アジアはご飯が主食です。またヨーロッパは肉食が多いですが、アジアは魚食が多いです。とはいっても食文化なんて国によって多種多様でこういった単純なくくりでは説明できないですけどね。ノルウェーやスペイン、アイスランドは漁業立国ですし。

 

骨格の違い

アジア人(モンゴロイド)とヨーロッパ人(コーカソイド)では骨格がかなり違いますね。顔を見比べるとアジア人は全体的にフラットなのに対し、白人はメリハリがはっきりしています。美的感覚は人それぞれですが、世界的に美しいとされるのはやはりコーカソイドです。アニメや漫画の美形キャラなんかは総じてコーカソイドをモデルにしています。

<スポンサーリンク>
 

関連ページ

ヨーロッパの人口は?欧州人口ランキングや推移
ヨーロッパの人口についてです。ヨーロッパ大陸の人口やヨーロッパの国々の人口ランキング、中世を含めた人口の推移などを紹介しています。
ヨーロッパの面積は?各国の面積ランキングと日本との比較
ヨーロッパ大陸の面積とヨーロッパの国の面積ランキングTOP10、また日本との面積比較などを紹介しています。
ヨーロッパを象徴するシンボルを知ろう
ヨーロッパの定義については【ヨーロッパの地理的な定義・範囲】で解説させていただきましたが、このヨーロッパ地域全体のシンボルとされる物や概念には様々あります。今回は主要なヨーロッパのシンボルを紹介させて頂きます。
ヨーロッパ中心主義とは何か
ヨーロッパ文明に対する見方の一つとしてヨーロッパ中心主義というものがありますので簡単に解説したいと思います。
ヨーロッパ最大の工業地帯「ルール工業地帯」の発展理由
ドイツ北西部ルール地方にある「ルール工業地帯」はヨーロッパ最大の工業地帯と言われています。今回はこのルール工業地帯の発展理由・歴史的背景について解説したいと思います。
ヨーロッパ最大の都市は?
ヨーロッパには経済力において大都市といわれるような所はいくつもありますが、「ヨーロッパ最大」となるとやはりロンドンが挙げられるかと思います。それに次いでパリ・モスクワあたりがくる感じですね。

HOME アジア