アジアとヨーロッパの文化/建築/人種/宗教の違い

アジアとヨーロッパの文化/建築/人種/宗教の違い

アジアとヨーロッパの文化/建築/人種/宗教の違い

アジアとヨーロッパというのは地理的にはそこまで明瞭な境界があるわけではありません。アジア・ヨーロッパを分けているのは、地理的特徴よりもむしろ、人種・宗教・文化的側面の違いによる所が大きいです。アジアに住む日本人にとって、この違いを理解することがヨーロッパを理解する近道でもあります。

 

 

建築文化の違い

アジアとヨーロッパの伝統的な建築様式に着目した場合、ヨーロッパは石造りの家が多く、アジアは木造が多いです。ヨーロッパの代表的な建築様式としてビザンティン建築・ロマネスク建築・ゴシック建築・ルネサンス建築・バロック建築・ロココ建築などが知られています。【詳細記事:ヨーロッパの建築様式の特徴

 

宗教の違い

ヨーロッパはキリスト教(南欧はカトリック、北欧はプロテスタント)が圧倒していますが、アジアは仏教・イスラム教・ヒンドゥー教が支配的で、キリスト教は少数派です。日本の宗教は仏教が多数派を占めていますが、日本人の約50%が無宗教だったりします。【詳細記事:ヨーロッパの宗教の種類や割合は?キリスト教が多い理由は?

 

食文化の違い

ヨーロッパの主食はパンが主流なのに対し、アジアの主食はご飯が主流です。全体的にはヨーロッパはアジアより肉食が多い傾向にありますが、漁業立国のノルウェーやスペイン、アイスランドは魚食が中心です。

 

人種の違い

アジアはモンゴロイドが主流で、ヨーロッパはコーカソイドが主流です。両者は骨格の違いが顕著で、アジア人は全体的にフラットなのに対し、白人はメリハリがはっきりしています。個人的にはアジア人の顔のが個性がはっきりしていて好きですが、世界的に美しいとされるのはやはりコーカソイド寄りの顔ですよね。アニメや漫画の美形キャラなんかは総じてコーカソイドをモデルにしています。

page top