エストニアの年表

 

エストニア(正式名称:エストニア共和国)は北ヨーロッパのバルト海沿岸に位置する共和制国家です。国土は北はフィンランド湾、西はバルト海、南はラトビア、東はロシアと国境を接することで構成され、気候区は亜寒帯湿潤気候に属しています。首都はバルト海のシリコンバレーとして知られるタリン。
この国ではとくにIT産業が発達しており、中でも電子居住権「e-Estonia」が有名です。また世界遺産のタリン歴史地区を背景にした観光業もこの国の基幹産業となっています。
そんなエストニアの歴史は、13世紀に建設されたデンマークの砦から始まるといえます。その後スウェーデン、ポーランドによる分割統治を経て、スウェーデンがエストニア全土を統治。大北方戦争によりロシア帝国統治が始まりましたが、ロシア革命を機に独立を宣言しました。第二次大戦以降ソ連の支配下に置かれますが、1989年バルト三国から延べ200万人も参加した平和抗議活動「Baltic Way」が独立運動の一環として行われます。その結果1991年に再独立を果たし現在に至る・・・というのがこの国の歴史のおおまかな流れです。ここではそんなエストニアの歴史的歩みをもっと詳しく年表形式で振り返ってみましょう。

 

エストニアの歴史年表

9世紀 バイキングの侵入
12世紀末 リヴォニア騎士団支配下に
1200年 十字軍のリヴォニア進軍
1202年 リヴォニア帯剣騎士団の設立
1219年 エストニア北部がデンマーク支配下に
1236年 エストニア南部がリヴォニア騎士団の支配下に
1346年 エストニア北部がデンマークからリヴォニア騎士団に売却
1561年 エストニア北部がスウェーデン支配下に
1629年 エストニアの大部分がスウェーデン支配下に
1632年 タルトゥ大学創設
1700年 大北方戦争
1721年 ニスタット条約/ロシアの支配下に
1917年 ロシア革命/ロシア帝国の崩壊
1918年 エストニア共和国として独立を宣言
1920年 タルトゥ条約/エストニア共和国の独立が承認
1940年 ソ連支配下に
1941年 ナチス・ドイツ支配下に
1944年 ソ連による再占領
1988年 「エストニア人民戦線」発足
1989年 バルトの道
1991年 独立を回復/国際連合に加盟
1999年 WTO(世界貿易機関)に加盟
2004年3月 北大西洋条約機構(NATO)
2004年5月 欧州連合(EU)加盟
2007年 青銅の夜
2010年 経済協力開発機構(OECD)加盟
2011年 ユーロ通貨の導入