エストニアの歴史年表

エストニアの国旗

 

エストニアの国土

 

エストニア(正式名称:エストニア共和国)は北ヨーロッパのバルト海沿岸に位置する共和制国家です。国土は北はフィンランド湾、西はバルト海、南はラトビア、東はロシアと国境を接することで構成され、気候区は亜寒帯湿潤気候に属しています。首都はバルト海のシリコンバレーとして知られるタリン。

 

この国ではとくにIT産業が発達しており、中でも電子居住権「e-Estonia」が有名です。また世界遺産のタリン歴史地区を背景にした観光業もこの国の基幹産業となっています。

 

そんなエストニアの歴史は、13世紀に建設されたデンマークの砦から始まるといえます。その後スウェーデン、ポーランドによる分割統治を経て、スウェーデンがエストニア全土を統治。大北方戦争によりロシア帝国統治が始まりましたが、ロシア革命を機に独立を宣言しました。第二次大戦以降ソ連の支配下に置かれますが、1989年バルト三国から延べ200万人も参加した平和抗議活動「Baltic Way」が独立運動の一環として行われます。その結果1991年に再独立を果たし現在に至る・・・というのがこの国の歴史のおおまかな流れです。ここではそんなエストニアの歴史的歩みをもっと詳しく年表形式で振り返ってみましょう。

 

 

古代エストニア

エストニア含めたバルト地域に人類が居住を始めたのは、紀元前9500年から紀元前7500年頃の旧石器時代と考えられている。エストニア人の祖先とされるフィン・ウラル語派の民族は紀元前3000年頃に、ヴォルガ川中流域から現エストニア地域に移住を始めたと考えられている。古代ローマ・ギリシャ文化圏とは隔絶していたため、古代エストニアは一貫して「異教の地」であった。

 

中世エストニア

7世紀から8世紀にかけてバルト地域にヴァイキングが定住するようになり、タリン、タルトゥなどの都市を拠点に東西交易を営んでいたと考えられている。ドイツ人の入植が開始される13世紀より前のエストニアは、「キヘルコント」と呼ばれる政治共同体が並立しており、統一国家の体はなしていなかった。

 

1199年 十字軍のリヴォニア進軍

教皇インノケンティウス3世が、リヴォニア(現エストニア南部からラトビア地域)に十字軍を派遣。

 

1202年 リヴォニア帯剣騎士団の設立

リヴォニアを占領した十字軍により、リヴォニア帯剣騎士団が設立され、エストニアもその支配下に入る。騎士団の中心地はラトビアのリガに置かれた。

 

1219年 エストニア北部がデンマーク支配下に

エストニア人の反乱が起こるが、帯剣騎士団はデンマークからの援軍6万を後ろ盾にこれを鎮圧。その後デンマーク人によりタリンの起源となる城塞「ダーニーリーン」が建設された。

 

1236年 エストニア南部がリヴォニア騎士団の支配下に

帯剣騎士団がドイツ騎士団に吸収され、リヴォニア騎士団となった。以後エストニア南部は「リヴォニア騎士団領」となり、リヴォニア騎士団を介してドイツ人の支配を受けるようになった。

 

1346年 エストニア北部がデンマークからリヴォニア騎士団に売却

長らくデンマーク領であったエストニア北部が、リヴォニア騎士団(ドイツ騎士団)に売却される。現エストニアの首都タリンを含むリヴォニアはリヴォニア騎士団領に編入された。

 

近世エストニア

1561年 エストニア北部がスウェーデン支配下に

スウェーデン、デンマーク、ポーランドなどから圧力を受けるようになり衰退が始まり、リヴォニア戦争などを経て1561年、エストニアを支配していたリヴォニア騎士団領は崩壊した。以後エストニア北部はスウェーデンの支配を受けるようになる。

 

1629年 エストニアの大部分がスウェーデン支配下に

ポーランドとの抗争に勝利したスウェーデンがエストニアの大半を獲得する。

 

1632年 タルトゥ大学創設

エストニアのタルトゥに本部を置くタルトゥ大学の前身「アカデミア・グスタヴィアナ」が創設される。

 

1700年 大北方戦争

ロシアとスウェーデンとの間で起きた大北方戦争に巻き込まれる。ロシア軍による破壊行為やその間に蔓延した疫病によってエストニアは深刻な被害を受けた。

 

1721年 ニスタット条約/ロシアの支配下に

ニスタット条約により、スウェーデンはエストニアの権利を放棄。以後エストニアはロシア帝国の支配下に入った。

 

近代エストニア

1918年 エストニア共和国として独立を宣言

前年ロシア革命により宗主のロシア帝国が崩壊したのを受け、エストニア共和国として独立を宣言した。

 

1920年 タルトゥ条約/エストニア共和国の独立が承認

レーニンはエストニア共和国の独立を承認した。

 

1940年 ソ連支配下に

1939年、ドイツと交わした「秘密議定書」にもとづきポーランドに侵攻。翌40年にはエストニア、ラトビア、リトアニアのバルト三国を占領した。恐怖政治が敷かれ大勢のエストニア人が逮捕・処刑・追放の憂き目にあった。

 

1941年 ナチス・ドイツ支配下に

独ソ戦が勃発するとまもなくナチス・ドイツ軍に占領された。

 

1945年 終戦

ドイツ・日本の降伏により第二次世界大戦は終戦。戦後のエストニアはソ連に再併合された。ソ連が集団農場化政策のもと、反体制派やクラークの弾圧を激化させるようになると、大量の非エストニア人難民がエストニアに流入するようになった。

 

1988年 「エストニア人民戦線」発足

ソ連からの独立を目的としたエストニア人民戦線が発足する。

 

1989年 バルトの道

民主化を求める東欧革命の波がバルト三国にも波及。ヴィリニュス〜リガ〜タリンらバルト三国首都を繋ぐ、全長600kmにも渡る「人間の鎖」(バルトの道)が形成される。エストニア、ラトビア、リトアニアがともに世界に独立を訴えた。

 

1991年 独立を回復/国際連合に加盟

ソ連共産党保守派がゴルバチョフ政権の転覆を目的にクーデターを起こすも失敗。この事件で権威を完全に失ったソ連は、エストニアの独立承認を余儀なくされた。その後エストニア共和国は国連に加盟、名実ともに主権国家としての地位を手に入れた。

 

現代エストニア

1999年 WTO(世界貿易機関)に加盟

2004年3月 北大西洋条約機構(NATO)

2004年5月 欧州連合(EU)加盟

2007年 青銅の夜

首都タリンにおいて、第二次世界大戦におけるタリン解放者のソビエト兵の像が撤去されることを受け、ロシア系住民が暴動を起こした。

 

2010年 経済協力開発機構(OECD)加盟

2011年 ユーロ通貨の導入