アメリカとチェコの関係

チェコ共和国とアメリカ合衆国の外交関係は、チェコスロバキアの解体後の1993年に確立されました。

 

冷戦期はアメリカと敵対関係にあるソ連の衛星国でしたが、ソ連の影響力が低下したことで1989年に民主化を遂げ、1999年にNATOに加盟、2004年に欧州連合(EU)に加盟するなど、軍事と経済の両輪で関係が深化していきました。

 

第一次世界大戦後

チェコスロバキアの成立において、米ウィルソン大統領が重要な役割を果たし、アメリカ合衆国憲法はチェコスロバキアの最初の憲法のモデルになりました。

 

第二次世界大戦後は社会主義政権の成立により両国の関係は急速に冷え込みましたが、1989年ビロード革命による民主化以後は関係が改善し、93年にはチェコとスロバキアの独立を承認。

 

以来両国は経済的・政治的・文化的に良好な関係を築けています。