ヨーロッパの地形

ヨーロッパの地形

ヨーロッパ大陸は非常に変化に富んだ地形をしており、ヨーロッパの南部・中〜東部・北部でそれぞれ以下のような地形的特徴がみられます。

 

ヨーロッパ南部の地形

アルプス山脈周辺は高低差の激しい地形になっています。南側は火山が多く、その影響で南欧諸国では地震が頻繁におきています。

 

ヨーロッパ中〜東部の地形

ヨーロッパ中部から東部にかけては、北ドイツ平原東ヨーロッパ平原などの平野が大部分を占めています。この一帯には水量の多いライン川が通り、流れもゆっくりなため、古くから流域都市を結ぶ交易路に利用されてきました。

 

ヨーロッパ北部の地形

北欧のノルウェー海岸沿いは「フィヨルド」と呼ばれるギザギザとした複雑な地形があり、これは大昔に氷河によって削り取られたことによってできたものです。ノルウェーでは古くからこの地形を利用した水産業・漁業がさかんに行われています。