ドイツ領の島

ドイツがバルト海や北海に領有する島についての情報をまとめています。

 

 

リューゲン島

海域:バルト海
面積:935平方キロメートル
人口:約7万3000人

 

メクレンブルク=フォアポンメルン州に属するドイツ最大の島。もともとスウェーデン領だったが、ナポレオン戦争期のキール条約(1814年)でドイツ領(プロイセン領)に編入された。ドイツ本土とは橋やフェリーで接続され、多くの観光客が訪れる。

 

ウーゼドム島

海域:バルト海
面積:445平方キロメートル
人口:76,500人

 

ドイツで2番目に大きな島で、島の東側はポーランド領になっている。戦時中は兵器実験場として利用されていた。現在は全長40kmもの美しい砂浜で知られ、リゾート地として発達している。

 

フェール島

海域:北海
面積:82.82平方キロメートル
人口:

 

ドイツ北部シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州、北フリジア諸島に属する島。沿岸は海水浴場として発達しており、観光地として人気がある。

 

 

アイスランド領の島ウクライナ領の島トルコ領の島ロシア領の島アイルランド領の島イギリス領の島オランダ領の島フランス領の島ドイツ領の島イタリア領の島ギリシャ領の島スペイン領の島ポルトガル領の島スウェーデン領の島デンマーク領の島ノルウェー領の島フィンランド領の島