大航海時代開幕による「世界の一体化」とは?

 

 

大航海時代とは、15世紀から17世紀にかけて、ポルトガルやスペインなどを中心にヨーロッパの冒険家たちが海を渡り、アメリカやアフリカ大陸に上陸していった時代のことです。

 

この時期に、それまで交流のなかった大陸との交流が生まれ、西洋を主体とした世界の一体化が起きました。

 

 

ヨーロッパ諸国から見た大航海時代

ヨーロッパ諸国は、アメリカやアフリカ大陸を発見すると、こぞってその地域を植民地として支配下に置こうとしました。

 

特に貴金属や香辛料の産地の発見は、国を豊かにするのに非常に大きな役割を果たしました。

 

また、奴隷貿易もヨーロッパの国々を豊かにしました。

 

奴隷の人々の労働力によって、生産力が底上げされました。

 

「新大陸」から見た大航海時代

それとは対照的に、アメリカやアフリカの人々は、一方的に搾取され虐げられる立場になりました。

 

先住民の数は、ヨーロッパがこれらの大陸に到達する前と比べてわずか10%にまで減少したとされています。

 

彼らのほとんどは虐殺され、生き残った人たちも無理やり改宗させられて、奴隷にされました。

 

先住民たちが築き上げてきた文化や生活は破壊され、代わりに西洋諸国の「進んだ」文化を受け入れるよう強要されたのです。

 

現代も根強く残る、人種差別や民族主義が火種となって起こるもめごとは、この時代の強引な一体化がいまだに尾を引いているという見方もあります。