欧州連合(EU)設立の経緯や理由を簡単に解説

欧州連合(EU)が設立された経緯を簡単に教えてください。

20世紀前半に、ヨーロッパは第一次世界大戦、第二次世界大戦という未曾有の大戦を経験し、深い傷跡を負いました。

 

いち早い産業革命により、近代以降国際社会をリードしてきたヨーロッパですが、戦後は没落し、アメリカ・ソ連という新たに台頭した超大国の谷間に埋没してしまうのです。

 

そして、「このままでは存続すら危うい」ということで、大国に対抗するために、もう戦争はやめて、共同体としての「ヨーロッパ」の原点に立ち返り協調していこうという考えに変わります。

 

その手始めとして1952年、利権争いの場となっていた石炭と鉄鉱石を共同で管理する超国家機構「欧州石炭鉄鋼共同体 (ECSC) 」を創設し、これがEUの起源となったのです。

 

その後幾度かの組織的変遷を経て、1993年に発足したのが欧州連合(EU)であり、以来EUが主導し、どんな困難も、武力や圧力によるものではなく、粘り強い話し合いで解決していこうとする、新たなヨーロッパ秩序が開始されました。